IMAXの撮影はどんなに特別なのか? prt.1

はじめまして、DPSJで技術を努めておるキルマーと申します。ブログで何を書こうか沢山迷いましたが、映画好きの私、そして映画学校で卒業した私は、映画に関して話そうと思います。これからよろしくお願いします。

 

題名の通りにIMAX映画を話したいと思います。

 

IMAXと言えば、大スクリーンか高クオリティ―の音質で映画を見られる映画館といろんな人が知っています。

だが、あくまでもそれは完パケされた映画を見るだけの楽しみであって、IMAXで撮影された映画の制作を少し知る事は実に楽しい事でもあります。

 

これからいろんな部分に触れたいと思いますが。まず、IMAXで使われるカメラについて少しだけお話したいと思います。

 

IMAXのカメラは70mmのフィルムサイズを使っています、大昔は8mmで映画が始まったり、16mmも出て、そして次に出たのが定番になった35mmのフィルムサイズでした。

フィルムについての細かい話は奥深いですので、省略します。

とにかく、35mmと比べると70mmの方が大きい!つまり、70mmの画の方がとてもきれいってことです!

下のイラストはフィルムサイズの比較です。

35mm-vs-IMAX-format-70mm-film-size-620x

 

大きさを考えるとやはり、値段も違いますね?

ちなみに普通のデジタルカメラは3-4万円で簡単に買えます。

一眼レフカメラは20万~50万円位あります、

放送用で使われる業務用カメラは大体50万円のものがあって、2000万円のものもあります!

35mmのフィルムカメラは大体5000万円位で買えます!いきなり高くなりましたね!?

それより大きいフィルムを使っているIMAXはいくらになるかは、調べまた結果、なんと…

IMAXカメラ自体が買う事が出来ません!

IMAXカメラはレンタル形式で1週間は120万円~160万円! それだけで済むもの話ではありません。

それはカメラ本体のレンタル価格そのものだけでフィルムは別料金になります。 IMAXのフィルムは30センチごとに300円位

ちなみに40分の映画は大体250,000ft.=76200mのフィルムの長さを使いますから計算すると、フィルム費だけで40分間の映画は5,300万円程かかります! (2013年の情報)

フィルムを現像したり、編集やVFXを付けるため、ファイル化にするにはまだまだ大金かかりますぞ!

ですから、映画鑑賞するときに一般のより、IMAX料金が高い理由はもうわかりましたね??

では、お金の話はここまでにしよう

とにかく、撮影だけで大金がかかるだけではなく、撮影時も大変だそうです!

まずは、IMAXのカメラは最大45kg、ですので、移動にはまず大変ですね!?  最近のIMAXカメラは小さくなってかつ、かるくなっていますが…

フィルムの一巻きは大体3分間の映画素材が撮れる、さらにフィルム交換は20分ほどかかってしまいますから、あんまり駄目出しカットできませんね!?

しかも、IMAXの画は細かいところまで映してしまうという利点でも欠点でもありますので、各シーンとカットは完璧にしなければなりません。

 

最後にまとめますと、IMAX形式で撮影された映画は一般の映画より、特別なプロダクションで作られましたって事です。

 

ではIMAXカメラのついて、以上です!