2012 年に米国サンノゼに設立され、Sky、CBS News、オーストラリア Foxtel など約 70 社のクライアントを持つ 1 Mainstream は、OTT (オーバー・ザ・トップ)のストリーミングプラットホームを牽引する 1 社です。同社の OTT プラットホームは、コンテンツプロバイダーが新たな視聴者や収益を獲得できるよう、 HD 品質のストリーミングビデオを、あらゆるインターネット TV デバイスを介して視聴者に届けられるようにします。

 

顧客となるコンテンツプロバイダーは自身のブランドによる放送チャンネルのアプリケーションを作成でき、Apple TV や Amazon Fire TV、Roku、Xbox、Samsung、iOS、Android、Google TV 等を含む、全てのメジャーなストリーミングメディアデバイスへのコンテンツ配信を実現できます。

CHALLENGE

様々なデバイスに向けて届けられるストリーム品質

- チャレンジ -

 

たとえば、英国で最大のニュースチャンネルの 1 つに数えられる、あるコンテンツプロバイダーは、1 Mainstream の”簡単開始”チャンネルプラットホームを利用して、ケーブルや衛星を飛び越えて、チャンネル やアプリからライブコンテンツを視聴者へ直接届け、制約なくオーディエンスを拡張することができるようになりました。1 Mainstream の CEO である Rajeev Raman 氏は、幅広くアクセスできることは重要ではあるものの、品質こそ最も重要であると述べています。

Rajeev Raman (1 Mainstream、CEO):

「視聴者はコンテンツにアクセスするためのデバイスの種類を問わず、品質に対して高い期待を持っています。我々はライブ放送と VOD オプションを並べて提示したいと考えました。しかし、ライブは非常に複雑であったため、顧客が期待する品質にかない、かつシンプルなインテグレーションとワークフロー を実現できるプラットホームを必要としていました」

 

多様な顧客に対応するため、1 Mainstream は、特定のハードウェアに縛られず放送局が既存の設備からライブフィードを送出することができる、柔軟なライブストリーミング・プラットホームを必要としていました。一方でまた、顧客によるコーディングを必要とせずにライブストリームを構成できるような、簡単さを追求したシンプルなワークフローでありながら、コンテンツを多種多様なデバイスに配信できるソリューションを必要していました。1 Mainstream 自身が所有するスケーラブルソリューションへの対応も必須なものでした。また導入コストも重要な要素で、最終的にライブストリーミングの能力を 1 Mainstream の顧客に現実的なメリットがあるものとして受け取ってもらえるようにするため、加入の障壁が低いコスト対効果に優れたサービス価格で提供ができるようにする必要がありました。

SOLUTION

Wowza Streaming Engine / 1Mainstream

- ソリューション -

 

Wowza Media Systems はライブストリーミング産業におけるリーダーとして、新機能への対応や機能性だけでなく、新しいブロードキャストフォーマットや仕様がメ ジャーになる前から積極的に対応するなど、絶えず進化する未来を見据えたソリューションを提供し、最も先進的なライブブロードキャストテクノロジーを実現してきました。

Rajeev Raman (1 Mainstream、CEO):

「囲い込みによらないオープンなソリューションでありながら、あらゆるデバイスへあらゆるフォーマットを届ける Wowza の能力はまさに、絶えず成長するデバイスにアクセスする幅広い顧客の要求を満たしたいという我々のニーズにかなうものでした。」

 

1 Mainstream のシンプルで直感的なユーザーインターフェースに直接統合した際、Wowza Streaming Engine はプログラムのコーディングの必要もなく、数秒程度のマウス操作でセットアップを完了することができました。また、ビルトインの暗号化プロトコルのおかげで、1 Mainstream の顧客にコンテンツ資産がセキュアであることが理解され、安心してもらうことができました。

BENEFITS & RESULTS

60 秒以内でライブ配信

- 利点と結果 -

 

シンプルなワークフローと 1 Mainstream のプラットホームにシームレスに統合化された Wowza Streaming Engine を利用することで、放送局はあらゆるネットに接続されたデバイス(タブレットや Apple TV、Roku、Samsung、スマート TV 等)へのライブストリームコンテンツの配信を、たったひとつの設定によって 60 秒以内にオンエアすることが可能になりました。Wowza のおかげで、1 Mainstream の顧客は素早い立ち上げと運用が可能になり、しかももっと複雑な他のソリューションと比較して、数万ドルも節約できるほどの非常に格安な価格で非常に幅広い能力を享受できるようになりました。

 

「ボタンを押すだけ」というユニークなライブ放送機能によって、1 Mainstream は世界でも最も大きないくつかの放送局を含む、より幅広い顧客に対してサービス提供が可能になりました。また同時に、1 Mainstream がそれまでの配信の常識を一新し、コンテンツ製作者を旧来の配信モデルの制限から解放するのに、このライブ放送システムが役立ちました。

 

David Stubenvoll (Wowza Media Systems、チーフエグゼクティブオフィサー、共同創設者):

「Wowza の技術力を活用することによって、1 Mainstream は世界中のコンテンツプロバイダーに次世代の HD ストリーミング配信を提供することができるようになりました。どこでも様々なネットに接続されたデバイスを介して、HD 品質のビデオで視聴者と繋がることが可能になりました」

 

Rajeev Raman (1 Mainstream、CEO):

「1 Mainstream と Wowza が協業をはじめてから、すべての種類のコンテンツ配信に対し市場投入までにかかる時間は月単位から週単位にまで短縮され、より素早く投資対効果を得ることができるようになりました。この共同のソリューションによって、 1 Mainstream の顧客は、コスト対効果に優れた形で新しい視聴者にアクセスできるようになり、従来のケーブルや衛星放送では困難であった、新しい収益力に向けて取り組むことができるようになりました」

 

1 Mainstream は完全に統合され自動化されたプラットホームを提供しています。顧客はカスタムチャンネルを構築したり、自身のブランドとコンテンツ(ライブスト リーミング含む)を管理したりすることができます。セルフサービスポータルで配信や課金、あるいはアプリの広告を取り扱うことも可能です。とにかく簡単に、そして素早くシンプルな導入と 管理を実現しています。

 

1 Mainstream が提供する、顧客がすべての複雑な技術的詳細に触れなくても利用することのできるコスト対効果に優れた独自ライブコンテンツ構築と管理のためのプラットフォームは、Wowza Streaming Engine に支えられています。