3G-SDIをサポート、Digital Rapidsの最新ハードウェア「Flux HD」を発表 :: NAB Show 2010

新PCI Expressキャプチャーとプリプロセスカードは次世代配信へ優れたコンプレッションクォリティーとシームレス・パスを可能にします
 
2010年4月9日―NABショー、ラスベガス ブース#SL6010]:
Digital Rapids –テレビ、映画、ウエブコンテンツの視聴者へ技術とソリューションを提供する、世界有数のプロバイダー–から新しく、デュアル・リンクと3G-SDIの入力をサポートした、エンコードとストリーミングに最適化された、ビデオキャプチャーとプリプロセス用ハードウエアFlux HD™がデビューします。
 
image002.jpg
 
Flux HDハードウエアはPCI Express®コンピュータバススタンダードに基づき、業界から高評価されたエンコーディング技術、Digital Rapidsのソリューション、アドバンスト・ビデオプロセシング技術によって開発されました。
 
オンボードでリアルタイムビデオ・プリプロセッサが搭載され、この結果、ホストシステムのCPU負担を軽減し、さらに同時マルチフォーマット出力のエンコードをしながら、優れたビジュアル品質と圧縮出力におけるバンド幅の高効率使用が出来ます。
アップ、ダウン及びクロスコンバージョンを一体化―3:2プルダウンのインバーステレシネ除去を含む―SD, HD と 3G-SDI フォーマット及びフレームレートの高品質コンバージョンを提供します。
ビデオ調整、カラースペース・コンバージョン及び画像オーバーレイ等の追加されたハードウエアの特性が入力ソースの微調整やロゴなどの追加ブランディングを可能にします。
 
Flux HDの 3G-SDI入力機能はDigital Rapids社のインジェスト、エンコード、ストリーミング・ソリューションをサポートするビデオ入力フォーマットのレンジを拡張しながら、最新世代プロダクション及び、配信インフラへ将来も使い続けられます。
通常の倍のデータを持つ、HD-SDI, 3G-SDI (又は3Gb/s SDI) を送信する能力があり、4:4:4:4 RGBAフォーマットのビデオの送信が可能です。ポストプロダクションにおける従来の4:2:2 YUV ビデオ信号フォーマット変換に優れ、さらに、50, 59.94 と60fpsの1080p ビデオ等の新しい基準に対応しています。
 
Flux HDはまずは2つのモデルがリリースされます。
Flux-6510はSD/HDのデュアルリンクと3G-SDIビデオ入力に対応し、Flux-6550はそれらに加えてアナログコンポーネント (SD/HD)、Y/C 、並びにコンポジットのビデオ入力にも対応しています。音声に関しては両モデル共にSDIエンベッデッドオーディオに対応し、Flux-6550はその他、AESとアナログオーディオ入力も可能です。
 
Darren Gallipeau(Digital Rapids プロダクトマネージャ)
「今回リリースしたFlux HDカードは従来の弊社のDRC-Streamシリーズの特長である圧倒的な画質の良さ、高信頼性、様々な用途に対応した各種機能をそのまま持ち合わせるだけでなく、3Gb/sの映像システムへの移行を可能にするものです。大手スタジオ、放送局、ポスプロは既に制作工程や社内のデータのやりとりに3G-SDIを導入し始めていますが、これは1080p、高フレームレート、12-bit JPEG2000マスタリング、又は3Dと言った映像配信が推進されるに従い、今後ますます重要になってきます。」
 
新製品Flux HDはDigital Rapids社のStreamZHDターンキーシリーズの中のモデルとしてリリースされる他、Streamソフトウェアがバンドルされたカードとしても発売され、Windowsマシンに組み込んで使う事が出来ます。Flux HDのハードウェアとStreamソフトウェアの組み合わせにより、マルチフォーマットでリアルタイムにインジェスト、エンコード、トランスコードが可能となり、インターネット配信、IPTV 、VOD、モバイルデバイスへの配信、アーカイブシステムなどへの応用に威力を発揮します。
Flux HDカードは今年のQ2のリリースを予定しており、世界各国の代理店及び販売店より入手可能です。
新製品Flux HDカードを含むDigital Rapids社の各種製品、ソリューションは4月12~15日にラスベガスにて開催されるNAB ShowのDigital Rapids社ブース(SL6010)にて展示されます。NAB Show 2010会場にお越しの際は、是非Digital Rapidsブース(SL6010、サウスホール下階、中央エスカレータ手前付近)にお立ち寄りください。以下のロゴが目印です。

現地ブースにはDPSJスタッフがおりますので、ご質問等ございましたらお気軽にお尋ねください。
弊社スタッフが以下の時間帯に必ずブースにおります。
12日(月) 16時 ~ 18時
13日(火) 10時 ~ 12時 16時 ~ 18時
14日(水) 10時 ~ 12時 16時 ~ 18時
15日(木) 10時 ~ 12時 
それ以外の時間帯でも以下の携帯まで事前に連絡頂ければブースに居るように致します。
会期中の連絡先:090-5204-2061(注:現地より掛ける場合は日本への国際電話となります)
 
Digital Rapids Corporationについて
 - Digital Rapidsはビデオインジェスト、エンコーディング、メディア変換、保護、ストリーミング、および配信のためのプロフェッショナルなハードウェアおよびソフトウェアソリューションの開発におけるリーディング開発企業です。Digital Rapidsは個々のアプリケーションから事業規模、地球規模のワークフローまでを包括するソリューションを提供し、進化を続けるデジタルメディア市場において、顧客の生産性と彼らのコンテンツの価値を最大化することを助けます。
Digital Rapids製品は新旧のポストプロダクション、放送、公共機関、およびメディア配信企業にシームレスに統合され、メディアの生産量と品質を劇的に向上させ、トータルコストを削減します。
世界のビデオエンコーダおよびトランスコーダ市場における顧客価値を高めた功績から、Digital Rapids社は2008 Frost & Sullivan賞を受賞。
Digital Rapids Corporation(www.digital-rapids.com)はカナダオンタリオに本社を置き、カリフォルニア、英国、およびオーストラリアにセールスオフィスを持ちます。
 
各社の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
以上
 
■日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社とは?
日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社はデジタル映像の制作・配信・管理に関わる機器とソフトウェアの販売、及びソリューション提供を専門に行う会社です。
動画エンコードに関するプロフェッショナル企業として、エンコード関連機器や動画編集システム、合成及びVFX関連のソフトウェアなど、海外の最新機器やソフトウェアを日本に紹介・販売しています。
【本件に関するお問い合わせ】
 ■会社名 日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社
 ■担当者 木村(きむら)
 ■TEL 03-6746-0231
 ■FAX 03-6746-0232
 ■Email kuninaka@dpsj.co.jp