MXFixer
  • ファイル QC
  • メディアワークフロー

MXFixer は、MXF 世界の「オシロスコープ / シグナルジェネレーター」とも称され、MXF ファイルの中を様々な観点から調べることができる、Metaglue 社が開発した MXF ファイル QC 管理ツールです。非常に高レベルな MXF ファイルの確認、分析、管理を行う方にとって最適なツールでありながら操作は非常に簡単。容易に MXF ファイルの QC 環境を手に入れることができます。制作、運用、エンジニアリングすべての場面で活用いただくことができ、標準規格に対して可能な限りの適合チェックを実現。メディアプロセスとワークフローに安心と信頼を提供します。

主な特長

  • 標準 MXF ファイルにエッセンスをパッケージ
  • MXF ファイルをオリジナルのファイル形式にするためラッピング解除
  • ファイルコンテンツのグラフィカルなブラウズ
  • SMPTE レジストリ内のメタデータをリサーチ
  • プライベートディクショナリの参照
  • AS 仕様(AS-02、AS-11 等)とオペレーションパターンに対して適切に準拠しているか検査
  • 標準メタデータをあてるプロセシングツール
  • OP1、OP Atom 対応
  • ウォッチフォルダ、スクリプト対応(Enterprise)

インターフェース

ひと目で分かる検査結果表示

緑が点灯 ⇒ MXF ファイルは正常(検査にすべてパス)
オレンジが点灯 ⇒ 要注意
※ 運用上問題が無い場合は、該当する検査箇所をテストから除外することも可
赤が点灯 ⇒ 重大なエラー(運用に適さず)

サマリー表示

オペレーショナルパターンやファイルコンテンツ内のソース、ソース同士の関係性などを素早く確認

パッケージマップ表示

エッセンスの構造を表示

ツリー表示

構造メタデータや記述メタデータなどの重要な情報をツリー表示

XML 表示

微細な問題の診断のため、メタデータコンテンツをすべて、詳細にわたり表示

MXF の構造

インデックステーブル、ファイルレイアウト、ヘッダ情報に関する問題の診断に役立つ、根底となるファイル構造を表示

検査結果の詳細

Fixerscript による標準およびカスタムの検査結果を表示。エラーやワーニングだけでなく、なぜエラーと判定されたかに関する包括的な説明を表示

メタデータ表示

MXF 内にユーザーの記述メタデータが含まれていた場合はそのコンテンツを表示

サムネイル表示

サムネイル画像を時系列で表示。時系列点ごとにメタデータがタグ付けされる

その他の機能

Fixerscript ファイル検査

MXF ファイルのカスタムメイドの検査と訂正のための専用のスクリプト言語。特定の配信要件に適合させるための検査に利用できる。スクリプティングはユーザー自身でも利用できるが、Metaglue 社で代行も可能

MXFファイルの生成

OP-1a や OP-Atom を含む様々なオペレーショナルパターンを使用して、個別のエッセンスファイルやメタデータから MXF ファイルを新たに生成が可能

既知のスキーマと MXF メタデータを比較

MXFixer と Diffuser との緊密な統合により、既知のスキーマを参照してファイル内のメタデータと比較

XML 文書の生成

XML ファイルの出力が可能

ファイルエッセンスの抽出

ファイルの検査、またはワークフローの一部としてエッセンスを抽出可能

 

Metaglue 社について

Metaglue Corporation – Metaglue 社(メタ・グルー 本社:アメリカ)は、最新のファイル転送やメタデータ標準を活用して、相互運用性を極めたソリューションを構築することを願う会社をサポートすべく、2002 年に設立されました。以来、メディアカンパニーやサプライヤー、国家プロジェクトなど、世界中に顧客が増えています。最高のソリューションを提供すべく、顧客のビジネスと方向性、ニーズを理解することを念頭に置いています。

[ MXF ファイルフォーマットのスペシャリスト ]