Metus INGEST 活用事例: The Landing – MediaCityUK

The Challenge

– チャレンジ –

 

2013 年春、MediaCityUK の「The Landing」に、新たなコネクテッド TV (インターネット TV)の試験調査施設である「Interactive Media Labs (インタラクティブ・メディア・ラボ)」がオープンしました。

この新しい施設は今日のコネクテッド・デバイスと消費者が、どのようにして相互に作用し、結びつくのかを理解するために活用されます。この目的のため、施設には PTZ カメラと、マルチチャンネル且つマルチコーデックのインジェストソリューションである Metus INGEST が配備されています。

The Landing:

「The Landing」は、管理されたワークスペースと最高のコネクティビティをあわせ持つ、スタジオとラボのサービスです。UK 唯一のデジタルワークフローセンターでありながら、ゲームやインタラクティブなテクノロジーのテストや分析を行う、地域で唯一のユーザビリティ・ルームを備えています。「The Landing」内のポストプロダクション・ハブは、ポストプロダクション業務における新たなタレントや新たなテクニックを紹介する場でもあります。」

スマートテレビや PVR (個人用ビデオレコーダ) 、マルチメディアゲーム端末、Wi-Fi タブレットは、リニア視聴スタイルの衛星や地上波 TV などのエンターテイメント産業の市場支配への脅威となっています。IP 配信やインタラクティブ・デバイスの領域では、変化の波は増々速くなってきており、コンテンツクリエータやアプリ開発者は、変わり続ける状況の中、消費者が新製品にどのように適応するかを絶えずリサーチし、テストする必要性に迫られています。

Interactive Media Labsは、消費者と新しいメディアとの相互作用がどのように働くかに関して、あらゆる分析および試験を行うための設備です。例えば、ある EPG システムは本当に直観的か、ある機能は本当は不必要か、視聴者は新しい種類の広告にどのように反応するか、どういったきっかけでユーザーはゲームや VOD、ライブTVの視聴を一方から他方に切り替えるか、といったことをコンテンツクリエータやアプリ開発者がよく理解することができるようになります。

Jon Corner (The Landing @MediaCityUK、CEO):

「Metus システムによって、より大きな視聴スペースに HD-SDI 出力を提供することが可能になりました。一方で、セッションの完了後には多くの分析が行われるわけですが、そこで Metus の柔軟性のおかげで、クライアントが要求するフォーマットが何であれ、フル HD のキャプチャ、 IP ブラウズ、タイムスタンプ付きクリップが可能なソリューションの提供が可能になりました。マルチカメラ環境に対応し、それぞれのカメラフィードは別々のファイルとして収録されます。」

The Solution

– ソリューション –

 

Metus INGEST はビデオとオーディオをマルチチャンネルで収録(デュアルコーデック・キャプチャまたは自動ファイルトランスコードのオプションを付加することも可能)することができます。複数のカメラからの SDI フィードが Metus INGEST が稼働する Blackmagic Design’s Decklink クアッドカードを搭載した HP Xeon ベースのワークステーションでインジェストされます。つまり、「The Landing」に導入されたのは、完全なマルチチャンネル、マルチコーデックのファイルレコーダーということです。

Metus INGEST のおかげで、「The Landing」では撮影中もしくは撮影後すぐにファイルへアクセスすることができます。クライアントや研究者は、素早くクリップをリプレイできて、テープからコピーしたり長時間の再変換作業を待つことなく、メディアを自分のものにすることができます。Metus システムはこれら一式の設備のバックボーンであり、将来的にさらにアセットマネジメントと完全に統合することも可能になっています。

仕様 & 特長

7 台のワークステーションで、21 チャンネルをキャプチャ

HD-SDI 入力(Blackagic Design DeckLink Quad)

放送品質 1080i H.264 を各ワークステーションで 3 チャンネルレコーディング

エントリーレベル、シングル CPU ワークステーションで稼働

IP ベースのリモート制御と監視で一元化