Microsoft Silverlight 3のスムースストリーミングに対応、Stream 3.1アップグレードを発表 [Digital Rapidsニュースat IBC 2009]

Microsoft Silverlight 3のスムースストリーミングに対応、次世代ワークフローを備えたエンコーダStream 3.1アップグレードを発表 [Digital Rapidsニュースat IBC 2009]
 
IBC 2009、アムステルダム(オランダ)、Digital Rapids社:ブース7.G41
Digital Rapids社(カナダ)は、同社のStream シリーズ・エンコードおよびライブストリーミング製品に搭載される「Stream ソフトウェア」の新バージョンをリリースしたことを発表しました。バージョン3.1の強化には、Microsoftインターネットインフォメーションサービス(IIS)スムースストリーミング、適応型ビットレート技術への対応が含まれます。また、対応フォーマットの拡張でSony XDCAM HD422システムやREDカメラファイルへの対応も含まれます。新機能として広告の挿入やアスペクト比管理ワークフローがサポートされます。
Streamバージョン3.1で、ライブやオンデマンドのコンテンツをMicrosoft Silverlightベースのメディアプレイヤーに配信する、適応型ビットレート用HTTPベースのプラットホームであるIISスムースストリーミングに対応します。IISスムースストリーミングは、再生環境が変化してもHD品質までの高品質な視聴経験を安定して配信するために、視聴者のコンピュータの状態やバンド幅を基にして最適な品質をダイナミックに検出し、異なるビットレートで複数あるストリームをシームレスに切り替えます。ライブやオンデマンドのIISスムースストリーミングは、Stream 3.1が稼働する全てのシステムで対応し、HD解像度のライブストリーミングや複数のエンコーダに渡ってのIISスムースストリーミング同期はDigital Rapids Stream HDエンコーダで対応します。
Digital Rapids社のエンコードシステムは、簡単なアップグレードで新しい圧縮技術やファイルフォーマットに対応できることで有名です。バージョン3.1ではSony XDCAMフォーマット(50MbpsのXDCAM HD422を含む)への対応が拡張されました。MXFオプションモジュールでXDCAMメディアのインポートとエクスポートの両方がサポートされ、放送局の送出ワークフローと、増大するXDCAMメディアにネイティブ対応したポストプロダクションシステムとの間を、Stream 3.1はシームレスにします。新しいオプションの入力モジュールで、RED Digital Cinema カメラからのR3Dメディアファイルのインポートがサポートされます。REDの4K解像度(4096×2304)まで、あらゆる全てのR3Dメディアを制作や配信、アーカイブなどのアプリケーション用に、Streamの幅広くカバーされた出力フォーマットにトランスコードすることができます。AVIファイルフォーマットといった標準対応においても10ビット非圧縮AVIメディアへの対応拡張も含まれています。
Stream 3.1には新たな2つの能力が備わり、高度な配信ワークフローに順次的な自動化が可能になりました。Active Format Description(AFD)への対応によって、メディアをMPEG-2にエンコードまたはトランスコードする間にAFDコードを挿入することができます。標準化されたAFDコードはビデオコンテンツのアスペクト比とアクティブなピクチャエリアが記述されています。コンテンツの配信に関わるあらゆるもの、HDからSDへのダウンコンバートやディスプレイデバイスにおいて、例えば16:9ワイドスクリーンのものをワイドスクリーンではないディスプレイに表示させるといった、異なるアスペクト比のコンテンツを最適な表示状態を判断するために、AFD対応デバイスでこのコードが使用されます。
Stream 3.1では、既存の高度なトランスポートストリームの多重化オプションも拡張され、デジタルプログラム挿入用のSCTE35キューメッセージの埋め込みをManzanitaシステムの技術を基に構築されました。SCTE35キューは、広告といったローカルのコンテンツを挿入するトリガーとして、テレビの送出システムなどで使用されます。
その他のバージョン3.1における新機能としては、クローズドキャプションのソースとしてのDXFP Timed Textファイルへの対応や、そして、様々なマイナーな強化と改良が施されました。
 
Brian Stevenson(Digital Rapids プロダクトマネジメント・ディレクタ)
「インジェストと配信というメディアワークフローの端から、プロダクションや放送局、ケーブルの中心へとStream 3.1は拡大し続け、ライブやオンデマンドのIIS7スムースストリーミングへの対応は、従来のテレビとインターネットでの視聴との間にある品質と信頼性のギャップを埋め、ウェブでのHD品質の経験を可能にし、視聴者の接続時間を増大させることでしょう」
 
Stream 3.1ソフトウェアはベースとなるStream LEと、高度でワークフローの自動化やインテグレーション能力、対応フォーマットが拡張されたStream FEの2つのソフトウェアから構成されています。私どものウェブサイトにてソフトウェアの機能比較表を確認いただけます。
Streamバージョン3.0所有の既存登録ユーザーはフリーダウンロードによるバージョン3.1へアップデートが可能で、バージョン2.5以下のユーザーは有償のアップグレードをご購入いただく必要があります。オプションのフォーマットモジュールは個別または複数種セットでご購入いただけます。
Digital Rapids社のエンコーダソリューションは、非常に柔軟性の高いビデオのインジェストやエンコード、トランスコード、ライブストリーミング環境を提供します。ソフトウェアコーデックのフォーマットに対する柔軟性とハードウェアベースのプリプロセス処理によって、品質とパフォーマンスの両方に優れた性能を持ち、Digital Rapids社のシステムは、マルチプラットホームへの配信やリアルタイムでのマルチフォーマット・ワークフロー、複数の出力フォーマットへ同期したエンコードなどシームレスに対応します。
Digital Rapids社のソリューション全ラインナップは、9月11日~15日アムステルダム(オランダ)開催のIBC Conference and Exhibitionブース7.G41にて展示されています。より詳細の情報はwww.digital-rapids.comをご覧ください。
 
Digital Rapids Corporationについて
 - Digital Rapidsはビデオインジェスト、エンコーディング、メディア変換、保護、ストリーミング、および配信のためのプロフェッショナルなハードウェアおよび ソフトウェアソリューションの開発におけるリーディング開発企業です。Digital Rapidsは個々のアプリケーションから事業規模、地球規模のワークフローまでを包括するソリューションを提供し、進化を続けるデジタルメディア市場に おいて、顧客の生産性と彼らのコンテンツの価値を最大化することを助けます。
Digital Rapids製品は新旧のポストプロダクション、放送、公共機関、およびメディア配信企業にシームレスに統合され、メディアの生産量と品質を劇的に向上させ、トータルコストを削減します。
世界のビデオエンコーダおよびトランスコーダ市場における顧客価値を高めた功績から、Digital Rapids社は2008 Frost & Sullivan賞を受賞。
Digital Rapids Corporation(www.digital-rapids.com)はカナダオンタリオに本社を置き、カリフォルニア、英国、およびオーストラリアにセールスオフィスを持ちます。
各社の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
以上
 
■日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社とは?
日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社はデジタル映像の制作・配信・管理に関わる機器とソフトウェアの販売、及びソリューション提供を専門に行う会社です。
動画エンコードに関するプロフェッショナル企業として、エンコード関連機器や動画編集システム、合成及びVFX関連のソフトウェアなど、海外の最新機器やソフトウェアを日本に紹介・販売しています。
【本件に関するお問い合わせ】
 ■会社名 日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社
 ■担当者 木村(きむら)
 ■TEL 03-6746-0231
 ■FAX 03-6746-0232
 ■Email kuninaka@dpsj.co.jp