Wowza Media Systems 社、待望の新バージョン Wowza Media Server 3.5 をリリース!

StreamLock やアドオン、ライブストリーム録画、クローズドキャプションなど多数の新機能と、トランスコーダ・アドオンへの重点的な強化を実施しました!

 

Wowza Media Systems 社は、Wowza Media Server 3.5 のリリースを発表しました。数々の賞を受賞してきたソフトウェアの最新バージョンは、経験に基づいて強化されており、コンテンツの保護やスケーラビリティ、高品質、マルチスクリーンといったコンテンツ制作者が求めるストリームメディアの信頼性にとって、非常に重要な柔軟性や性能を提供するものです。

David Stubenvoll (Wowza Media Systems 社、共同創設者、最高経営責任者):

「150 以上の国で、12万以上のライセンスが使用されている Wowza Media Server は、どこのユーザーへも、どんな種類のデバイスへもストリーミングメディアを届けるために、信頼できるプラットホームのうちの1つとなっています。最新バージョンではさらに機能が豊富になり、より柔軟に、よりコスト対効果に優れ、新機能が多数存在します。今日そして明日のメディアへの要求をターゲットとして、顧客が望むまたは必要とする方法で、いくつかのアプリケーションのためにソフトウェアで使用するオプションも増えました。我々は顧客から話を聞き、その結果が Wowza Media Server 3.5 なのです。」

Wowza Media Server 3.5 の注目すべき新機能:

より多くのコンテンツ保護オプション

サードパーティ製の Digital Rights Management (DRM)は、ライブまたはオンデマンドビデオのワークフローで高速な暗号化を提供し、新たなオプションとして Apple HTTP Live Streaming (HLS)向け Microsoft PlayReady DRM、ならびに最新バージョンの Apple HLS 暗号化が追加されました。さらに、Wowza Media Server は、パッケージ前の PlayReady 保護されたものを復号化でき、複数の HTTP フォーマットに再暗号化することが可能です。

MediaSecurity は、Wowza Media Server 3.5 に現在含まれています。以前はフリーのアドオンであった MediaSecurity の機能は、SecureToken や RTMP 認証、RTSP 認証、StreamNameAlias のように、Apple HLS や Adobe HTTP Dynamic Streaming (HDS)、Microsoft Smooth Streaming、MPEG-DASH (Dynamic Adaptive Streaming over HTTP)を使ってコンテンツを配信する際のストリームを、確実によりセキュアなものにすることを助けます。

Wowza StreamLock アドオンは、ユーザーが RTMPS をストリームに使用できるネットワーク暗号化の新しいセキュリティオプションであり、Wowza Media Server 3.5 を使用していると確認された顧客には、256 ビットの SSL 証明書を即座に配給できる環境を提供します。StreamLock で準備される SSL 証明書は、RTMP を使用した際に最高レベルのセキュリティを提供し、HTTP ストリーミング(HTTPS)用のセキュリティにも利用できます。

より幅広い配信

ライブやオンデマンドの Apple HLS や Adobe HDS、Microsoft Smooth Streaming における HTTP キャッシュインフラからの要求を、HTTP オリジンは満たします。ダウンストリーム HTTP キャッシュは、より多くの地域や視聴者へストリームが渡っていくようにスケーリングされるのが理想的です。

以前はフリーのアドオンであったライブストリーム録画は、Wowza Media Server 3.5 の一部となりました。この強化された機能によって、サーバー管理者は処理中のライブストリーム録画を、ビデオ時間(尺)や時計の時間、ファイルサイズなどによって複数のファイルへ自動的に切り分けることができます。この機能は新しい開発者向けユーザー・インターフェースも含み、現在の全ライブストリームを表示して、処理中のストリームを録画したり、録画を停止させたりできます。

顧客リーチへの強化

ライブとオンデマンドのビデオストリーミング用クローズドキャプションは、ライブやオンデマンドの Apple HLS や Adobe HDS 、RTMP プロトコルを使ったビデオストリーミングに、適切なフォーマットへキャプションを変換する前に、様々なストリームとファイルベースのソースからキャプションデータを受け入れます。この機能は米国の放送局が、インターネット経由でテレビ番組を配信するためのキャプションを提供することによって、Twenty-First Century Communications と Video Accessibility Act of 2010 に対応できます。

Silverlight Multicast Player は Wowza Media Server 3.5 内に統合され、Wowza Media Server からあらゆる Silverlight が有効になっているデスクトップに向けた MPEG-TS マルチキャストのストリームを可能にします。この機能はシングルストリームのバンド幅だけで、ネット越しに 1000 台ほどの Silverlight ベースプレイヤーに向けたライブビデオ配信ができます。

Wowza Transcoder アドオンの強化

Wowza Transcoder アドオンのDynamic Overlays (ダイナミックオーバーレイ)は、Java ベースの API を使用することでビデオに静的または動的にイメージを重ねることができます。このアドオンは手動または外部からのプリプログラムで設定され、テレビのようなプレミアムな体験が加えられる強力な新ツールです。オーバーレイ機能によって、広告やタイトル、ウォーターマーク、企業ロゴ、スポーツイベントで使われる時計、更新されるニュースなどが可能になります。

H.263 ビデオ圧縮は Wowza Transcoder アドオンに含まれ、ライブ・オンデマンドの旧世代モバイルデバイス向け H.263 エンコードをサポートします。

 

各社の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

以上

 

■ 日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社とは?

日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社はデジタル映像の制作・配信・管理に関わる機器とソフトウェアの販売、及びソリューション提供を専門に行う会社です。

動画エンコードに関するプロフェッショナル企業として、エンコード関連機器や動画編集システム、合成及びVFX 関連のソフトウェアなど、海外の最新機器やソフトウェアを日本に紹介・販売しています。

【本件に関するお問い合わせ】
  • 会社名: 日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社
  • 担当者: 木村(きむら)
  • TEL: 03-6746-0231
  • FAX: 03-6746-0232
  • Email: kuninaka@dpsj.co.jp