DPSJ、4K/HD/DCP対応 インジェスト・マスタリングサーバー兼高速トランスコーダ「OpenCube サーバー」取扱開始!

日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社(本社:東京都中野区 代表取締役社長:青木 公平 略称: DPSJ)は、OpenCube (現 EVS Media)の「OpenCube HD/SD」「OpenCube DCP」の 2 製品の取扱いを開始しました。両製品は、放送局やポストプロダクション向けの MXF インジェスト・マスタリングサーバー、また、デジタルシネマ向け DCP マスタリング・KDM 発行サーバーとして市場展開されます。

OpenCube サーバーは、MXF 形式(Op1a、Op1b、IMF、AS-02、AS-11 DPP 等)、コーデック(XDCamHD、Jpeg2000、ProRes、AVC-Intra、非圧縮、DNxHD 等)に対応し、2013 年秋には XAVC 形式にも対応予定です。DCP は AES 128bit 暗号化と KDM の作成に対応します。

インジェストは現在 2K まで対応(年内に 4K 対応予定)。ストレージは内蔵もしくはネットワーク上のSANまたはNASも利用可能で、WebAPI によるブラウザーコントロールにも対応し、オープンなITテクノロジーに基づいた様々な拡張が可能です。

OpenCube は MXF フォーマットの多重化技術を持ち、他社への技術供与も行なっている MXF フォーマット及び関連するコーデックのスペシャリスト集団です。その技術をベースに構築されたサーバーは、OS や CPU レベルまで調整されており、2K の DCP マスタリング(J2K エンコード)をリアルタイムよりも速い速度で実現し、フル HD のトランスコードも実時間の4分の1という圧倒的な速度で実現します。

OpenCube サーバー製品ページ

 

各社の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

以上

 

■ 日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社とは?

日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社はデジタル映像の制作・配信・管理に関わる機器とソフトウェアの販売、及びソリューション提供を専門に行う会社です。 動画エンコードに関するプロフェッショナル企業として、エンコード関連機器や動画編集システム、合成及びVFX 関連のソフトウェアなど、海外の最新機器やソフトウェアを日本に紹介・販売しています。

【本件に関するお問い合わせ】
  • 会社名: 日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社
  • 担当者: 木村(きむら)
  • TEL: 03-6746-0231
  • FAX: 03-6746-0232
  • Email: kuninaka@dpsj.co.jp