DPSJ、放送コンテンツの二次利用および広告挿入のための MPEG TS ロスレス処理のソリューションである「ジェネラルダイナミクス・メディアウェア」製品の取扱開始

日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社(本社: 東京都中野区 取締役社長: 青木 公平 略称: DPSJ)は、General Dynamics Mediaware (ジェネラルダイナミクス・メディアウェア)社製品の取扱およびコンサルティングサービスの提供を開始することを発表しました。General Dynamics Mediaware 社製品は、IP または ASI で搬送される MPEG TS (トランスポートストリーム)を入力ソースとして扱い、ロスレスかつフレーム精度で全ての処理を行うことのできる画期的かつコスト対効果の高いソリューションで、放送コンテンツの二次利用や広告挿入による放送局のマネタイズ(収益化)を支援します。

General Dynamics Mediaware の利用用途

  • 広告挿入(コンテンツの二次利用の際に新たな広告収入を獲得)
  • マスク処理(コンテンツの二次利用が不許可の番組や広告コンテンツをマスクする)
  • 時差放送(放送地域間に時差があった場合の調整、追っかけ放送など)
  • 放送コンテンツのロスレスアーカイブ、コンテンツの二次利用のための簡易編集
  • ロゴ挿入(コンテンツの二次利用の際に新たなロゴを挿入しブランド価値を高める)

General Dynamics Mediaware の MPEG TS ロスレス処理ソリューション

InStream Splice(インストリームスプライス)

IP または ASI 経由で入力されるストリームとファイルソース、またはストリームと(別の)ストリームをロスレスかつフレーム精度で継ぎ合わせ、送出が可能なサーバーです。MPEG2、H.264 / AVC、HEVC 圧縮コーデックをサポートします。

InStream Convert(インストリームコンバート)

InStream Splice で使用するために、ファイル素材コンテンツをフォーマット規格に準拠したファイルソースとして準備するためのトランスコーディングソフトウェアです。

InStream Delay(インストリームディレイ)

放送チャンネルの時差放送のための蓄積および再送出サーバーです。

InStream Flux(インストリームフラックス)

UDP / RTP ストリームのマルチチャンネルの録画が可能なデジタルレコーディングソフトウェアです。FIFO 形式による常時録画、放送チャンネルの再送出に対応。スケーラブルな拡張が可能です。

InStream Edit(インストリームエディット)

MPEG TS コンテンツをフレーム精度でカット編集が可能な簡易編集ソフトウェアです。InStream Flux と併用した場合は録画中の放送チャンネルの追っかけ編集に対応します。

InStream InFuze(インストリームインフューズ)

IP (または ASI )経由で入力されるストリーム、またはファイルソースに対して、画質の低下をほとんど伴わずにロゴなどの静止画をオーバーレイが可能です。

 

お問い合せ

製品の価格や構成、技術的なお問い合せに関しましては、DPSJ 問い合せ窓口(dpsj_info@dpsj.co.jp または お問い合せページ)よりお問い合せください。

General Dynamics Mediaware とは?

17 年に渡って圧縮映像の専門に研究開発している、圧縮映像の処理におけるスペシャリスト集団です。MPEG TS ストリームまたは MPEG ファイルに対して、再生や編集、スプライス(継ぎ合わせ)、解析、イメージ焼きこみ、多重化といった処理を、ロスレスかつフレーム精度で行うことのできる画期的かつコスト対効果に優れたソリューションを提供します。

日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社とは?

日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社はデジタル映像の制作・配信・管理に関わる機器とソフトウェアの販売、及びソリューション提供を専門に行う会社です。

動画エンコードに関するプロフェッショナル企業として、エンコード関連機器や動画編集システム、合成及び VFX 関連のソフトウェアなど、海外の最新機器やソフトウェアを日本に紹介・販売しています。

【本件に関するお問い合わせ先】
  • 企業名: 日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社
  • 担当者名: 木村国中
  • TEL: 03-6746-0231
  • Email: kuninaka@dpsj.co.jp