Wowza 社、次世代クラウドベース・ストリーミングサービス「Wowza Video」をリリース | ライブ/ VOD ビデオストリーミングに必要な機能を 1 つのプラットフォームに集約

Wowza の次世代クラウドベース・ストリーミングサービスはビデオの価値を高めたいビジネスのために、ライブストリーミング、VOD、および CMS を 1 つのプラットフォームに集約しました。

日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社(本社:東京都中野区 代表取締役:難波田 哲史 略称: DPSJ)は、Wowza Media Systems™ 社(ワウザ・メディア・システムズ、本社:コロラド、アメリカ、 以下 Wowza 社)が、ビジネスに不可欠なサービス基盤を構築するためのビデオプラットフォーム「Wowza Video」(ワウザ・ビデオ)を発表しました。

Wowza Video はワンストップのソリューションで、ビデオが伴う製品やサービスの価値を高めたい組織の、ライブストリーミングやビデオオンデマンド(VOD)を強化します。Wowza Video は、新しい機能と強化された機能を集約し、シームレスで単一のプラットフォームを提供します:

 

  • VOD とライブストリーミング: ライブストリーミングのパイオニアでもある Wowza の 15 年に渡る実績と、強力な VOD 機能を合わせて、クラウドベースのトランスコード、パッケージング、配信、再生機能を提供し、あらゆるビジネス用途で活用できます。
  • ビデオコンテンツ管理システム(CMS): 新しいビデオ CMS によって、コンテンツ配信事業者はビデオ資産を簡単に保管・管理でき、同時に視聴者による検索性も向上させることができます。
  • コンテンツデリバリーネットワーク(CDN):Wowza Video にビルトインされる CDN は、世界中へスムーズなコンテンツ配信と、あらゆる規模の視聴者への自動スケーリングを提供します。
  • 堅牢なビデオプレイヤー: 搭載されるプレイヤーはブランディングが可能で、あらゆる環境での再生に対応し、広告挿入やセキュリティ、低遅延など、高度な機能を備えています。
  • リアルタイムアナリティクス: Wowza Video のアナリティクス機能は、ストリームの健全性や視聴者のデータ、プラットフォームのパフォーマンスなどのインサイトを提供します。インターフェースは使いやすく、データドリブンな意思決定を可能にするためにワークフロー全体に渡る可視性を提供します。
  • 包括的な API: Wowza の開発者重視なソリューションは、エンコードとトランスコード、CMS、再生をカバーする API が搭載されており、すぐに始められるものから高度なビデオアプリケーションの開発まで、あらゆるものをサポートします。
  • 強化されたユーザーエクスペリエンス(UX): Wowza Video は、プラットフォーム全体のナビゲーションをシンプルにして、使い勝手を向上させた直感的な UX を導入しています。

Wowza は業界をリードするライブストリーミング技術を、今日のビジネスで要求されるすべてのビデオ機能を統合した次世代の VOD 機能で増強しました。Wowza Video は、ワークフローにおける各段階で強力な機能を持ち、別々のビデオ技術を組み合わせる複雑さを伴わない、統合されたソリューションをワンストップで提供します。

 

「Wowza Video のリリースは、セルフサービスのストリーミングコンポーネントからフルサービスのビデオソリューションへ向かう、Wowza 社の変革を示すものです。当社は常に動画のイノベーターであり、クラウドベースの SaaS 技術に対する今回の投資は、パートナーである組織と共に成長していくというコミットメントに基づいて推進されました。そのため、この度リリースされました新たな機能性は、お客様からのフィードバックが直接反映されたものです。」

David Stubenvoll(Wowza Media Systems™ 社、共同創設者兼 CEO)

 

「Wowza は、10 年以上に渡って私たちのビデオ技術を強化するために信頼してきた大切なパートナーです。そして、Wowza が Wowza Video で市場に投入する新しい機能に胸を躍らせています。ユーザーインターフェースと新しいストリームモニタリングページはとても素晴らしく、そして綺麗です。さらに、ライブストリーミングとビデオを提供する独自のフロントエンドを持ちたい人にとって、強力な API があり、まさに完璧です。使えるときを楽しみにしています。」

Patrick Freeman(Jewelry Television 社、デジタルメディアシステム管理者)

 

企業、ライブ放送、ヘルスケア、小売、E スポーツ、政府機関など、ビジネスクリティカルな用途の中にビデオを組み込む企業をフォーカスして、Wowza Videoは、すぐに始められるところから高度なアプリケーションの開発まで、あらゆる場面で強力な API を提供します。また、業界のリーダーとしての信頼性とグローバルプラットフォームのスケーラビリティを合わせることで、これらの用途におけるビデオの成功を確実なものにしています。

 

「オンラインビデオは、マルチベンダーのワークフローとビジネスニーズに適応しない凝り固まった技術という、常に複雑な問題に悩まされてきました。Wowza Video は、様々なビデオ技術要件に対応し、Wowza の標準装備とも言えるスケーラビリティと信頼性によって強化されたシングルプロバイダーソリューションとして提供します。」

Jon Duncan(Wowza Media Systems™ 社、製品担当副社長)

 

Wowza Media Systems 社について

Wowza Media Systems 社(ワウザ・メディア・システムズ 所在: アメリカ)は、信頼性とスケーラビリティを持ったビデオソリューションを提供する、経験豊かで信頼できるパートナーです。Wowza は、メディアや企業、政府、航空宇宙、ヘルスケアなど、様々な市場でビデオの実装を 15 年以上に渡って 35,000 件以上支援してきました。Wowza の VOD およびライブストリーミングのソリューションは、SOC 2 準拠のプロバイダーから企業が信頼できる、信頼性とセキュアな体験を確保するという顧客にとって最も困難なビデオの側面を解決します。

日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社とは?

DPSJ (日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社)は、デジタルメディアにおけるストリーミング配信やプッシュ通知などのウェブテクノロジー、ファイルベースおよび IP ベースのワークフローで、未来も活用できるソリューションを包括的にカバーし、革新的且つフレキシブル、スケーラブル、リーズナブルなプロフェッショナル向けソフトウェアとハードウェアの販売およびサポートを提供します。

【本件に関するお問い合わせ先】

  • 企業名: 日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社
  • 連絡先:
    • 広報: (担当)木村 国中 (Email)kuninaka@dpsj.co.jp
    • 営業: (担当)DPSJ インフォメーション (Email)dpsj_info@dpsj.co.jp