エンコードサービスの開始

■タイトル
デジタル映像関連機器販売の日本デジタル・プロセシング・システムズ
株式会社が、動画エンコードサービスを開始。映像、エンコードの「プロ」
ならではの高品質サービスを実現
■要約
日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社は、映像テープなどの
映像コンテンツから、動画配信用の各種のフォーマットへの変換を行う、
動画エンコードサービスを開始。業界標準の業務用エンコーダ、NLEなどの
総代理店としてのノウハウを活用し高品質・高い生産能力を安定して提供。
■プレスリリース本文
報道関係者 各位
プレスリリース
2007年1月22日
日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社
==================================================================
デジタル映像関連機器販売の日本デジタル・プロセシング・システムズ
株式会社が、動画エンコードサービスを開始。映像、エンコードの「プロ」
ならではの高品質サービスを実現
==================================================================
日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社(https://www.dpsj.co.jp/)
デジタル映像関連機器やソフトウェアの輸入販売およびソリューション提供を行う
日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社(所在地:東京都港区
代表取締役社長:青木 公平、以下DPSJ)はこのたび、プロフェッショナルな
動画エンコードを提供する、動画エンコードサービスを開始致します。
動画エンコードとは、映像テープなどに録画保管されている映像コンテンツ
をデジタル化してGyaOやYahoo動画、YouTubeに代表される動画配信や動画共有、
ホテルなど事業者向けのVODシステム、あるいはカラオケ、Eラーニングと
いった動画映像によるサービスに適した形式に圧縮・変換する作業を言います。
ホームビデオ等、個人で楽しんでいた映像は、ビデオカメラのデジタル化や
ブロードバンドの普及により、場所や時間を問わず、不特定多数に向けて
公開することが可能な新時代を迎えました。
一方で、個人のエンターテイメントとしてだけではなく、企業が映像による影響力に
着目して自社ホームページでCM映像や製品紹介の映像の配信を行ったり、
テレビ放送局各局がIPTV時代の到来を見越して番組コンテンツ配信向けの
専門サイトを立ち上げたり等、ビジネスユースとしての動画コンテンツ配信も
盛んになってきております。
このような状況下で、番組コンテンツの二次利用だけでなくあらゆる既存の映像
コンテンツ資産を、映像新時代に対応したビジネスに活用できるような
高品質な動画コンテンツとして生まれ変わらせるのが、エンコードサービス
なのです。
このたび開始するエンコードサービスは、デジタル映像の制作・配信・管理
に関わる機器とソフトウェアを販売する、「映像・エンコードのプロ」である
DPSJが、実績とノウハウを基に「プロフェッショナルなエンコード」を提供
するものです。具体的には、映像テープなどでお客様から映像コンテンツを
お預かりして専用の設備を使用したプロフェッショナルなエンコード処理を
行い各種のフォーマットに変換し、データを納品致します。
DPSJは、上記サービスを通じ、放送局から一般企業まであらゆる映像コンテンツ
のデジタル活用の取り組みへの貢献を目指します。一方で、サービス運用の実務を
通して得られる発見や要望などを、積極的に新たな製品の開発やソリューション
提供に活かしていく予定です。
■日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社とは?
日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社はデジタル映像の制作・配信・管理に関わる
機器とソフトウェアの販売、及びソリューション提供を専門に行う会社です。
動画エンコードに関するプロフェッショナル企業として、エンコード関連機器や動画編集システム、
合成及びVFX関連のソフトウェアなど、海外の最新機器やソフトウェアを日本に紹介・販売しています。
【本件に関するお問い合わせ】
 ■会社名 日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社
 ■担当者 井上(いのうえ)
 ■TEL 03-3588-1013
 ■FAX 03-3588-1014
 ■Email inoue@dpsj.co.jp