Digital Rapids社、NBC Universalと共にIBC イノベーション賞を受賞

原文:http://www.digital-rapids.com/News/Press%20Releases/2008IBC_Award_Win.aspx
 
ibc2008_awards_winner_small.jpg
カナダ、オンタリオ州マーカム(Markham, Ontario):
Digital Rapids社は大手グローバルメディア及びエンターテインメント会社、NBC Universal社に於けるデジタルメディア制作ワークフローの基幹となるMCAHマルチフォーマットへの貢献が認められ、IBCイノベーション賞(コンテンツマネジメント部門)を受賞しました。これはNBC Universal社、DigitalRapids社、及び技術協力会社もう1社の3社が共同で受賞したものです。
このIBCイノベーション賞は、技術的、商業的または創造へのチャレンジに革新的かつコスト対効果に優れたソリューションを実現し、受賞した各社と技術会社およびユーザー間の協力関係に対する評価と捉えています。受賞者はアムステルダムで、IBCカンファレンスと展示会期間中である9月14日に授賞式にて発表されました。
MICAH制作ワークフローとは
MICAH制作ワークフローは、NBC Universalが独自にインハウスで開発したものと、Digital Rapids社のStreamシリーズエンコーダ(インジェスト・エンコードシステム)とエンタープライズレベルのトランスコードソリューション「Stream Transcode Manager」、およびサードパーティ製のディストリビューションソフトウェアを融合させたものです。結果として、複数のコンテンツパートナーとWebやVOD、電子的な販売など、視聴環境に合わせてメディアを変換する完全に自動化されたワークフローを構築できました。NBC Universal社の作業は全米そして世界中に分散し、MICAHは毎日処理される大量のコンテンツ(数千クリップ)をハンドリングするという高レベルな自動化の要素がある一方で、複数のフォーマットで存在するメディアをタイムリーに利用できる品質およびスループットを最大限に引き出しました。
 
「MICAHは我が社の作業効率を向上させるだけでなく、デジタルを活用した新たなビジネスチャンスを可能にし、適切にコストを管理できるようにもなります。私たちはDigital Rapids社との協力関係に感激しており、IBC Awards委員会の方々によるこの評価に対して感謝しております。」と、Jeff Chiumiento(NBC Universal社、VP & CFO, Media Technology)は話しました。
Rab Mukraj(NBC Universal社Digital Media Deliveryディレクター)は、「まず我々のMICAH制作ワークフローがIBCイノベーション賞を受賞したことを喜ばしく思います。我々のチームとDigital Rapids社との緊密なコラボレーションによって、他の会社とのシームレスなデジタルメディアの作業や仕事を格段に合理化でき、強力で高品質かつスケーラブルなインジェスト・エンコード・トランスコードのワークフローを生み出しました。NBC Universal社にはメディアの技術革新における豊富な歴史があり、そして本プロジェクトが世界中の仲間たちに広まることは非常に素晴らしいことで、誇りに思います。」と話しました。
「私たちは真に受賞された方々が信じられないくらい高水準で、高く称賛されたことを喜んでおります。」と、Michael Lumley(IBC Innovation Awards審査員チェアマン)は話しました。「世界中の様々な所から受賞したプロジェクトがあり、強力でインパクトのある技術がユーザーに直面するビジネスや創造的なチャレンジを造りだすという、正にIBCの国際的な特質を示したと言えるでしょう。」
「名誉ある賞の授与ということで、私たちが認められたことに身震いを感じています。そして受賞に際してIBC Awards委員会の方たちに感謝しております。」と、Brick Eksten(Digital Rapids社 社長)は話しました。「このIBCイノベーション賞は、技術的に目立ったというだけでなく、いかにユーザーとベンダーの間で密接なコラボレーションがなされ、テクノロジーが現実の利益に変えられたかを認められたという点で特別なものです。私たちとNBC Universal社との仕事で、急激に進化し続けているデジタルメディア市場の中にあってもなお、彼らのコンテンツの価値を最大限に引き出すことができました。そして、彼らの活動が成長し続けて、私たちは彼らと将来の進展を楽しみにしています。」
 
________________________________________
IBC 2008 イノベーション賞について
IBCイノベーション賞はコンテンツマネジメント部門の他、コンテンツクリエーション部門、コンテンツデリバリー部門、審査員賞があり、合計4つのプロジェクトが受賞の栄誉に輝きました。また、NHKのスーパーハイビジョンによる初の国際ライブ伝送がIBC特別賞を受賞しております。
参考URL:http://www.ibc.org/cgi-bin/displaypage.cgi?pageref=4790
 
NBC Universal社について
NBC Universalは、開発、制作、そして全世界のオーディエンスへ向けたエンターテイメント、ニュース、情報のマーケティングを行う、世界でも主要なメディアそしてエンターテイメント会社の1つです。NBCとVivendi Universal Entertainmentとの合併から2004年5月に設立。NBC Universalは、ニュースとエンターテイメントネットワーク(映画会社、テレビ制作オペレーション、主要なテレビ局グループ、世界に名高いテーマパーク)という価値ある資産を所有し、かつ運用しています。NBC UniversalはGeneral Electricが80%、Vivendiが20%所有しています。
 
 
IBC 2008 イノベーション賞受賞プロジェクトの概要
NBC Universal — MICAH Production Workflow
原文:http://www.digital-rapids.com/News/Events/IBC2008Awards.aspx
米国において主要なメディアとエンターテイメント会社を基盤とするNBC Universal社は、メディア資産やコンテンツ資産といった幅広い資産をWebやモバイル、VOD、ESTなど複数の視聴端末に向け、その領域を積極的に拡大しています。主要作品や特別番組から報道番組、連続シリーズ物まで、今または過去に渡るNBCUショーを多くのデバイス上で視聴できるようになっています。正にウェブだけを見ても現在NBCUのコンテンツは、nbc.com(全エピソードのオンデマンドストリーミング)、Hulu.com(ニュース会社とNBCUとのジョイントベンチャー)とAmazon Unbox(エピソードのダウンロード販売)など、幅広くポータルを通して見ることができます。NBCUが最近始めた先駆的な活動(NBC Direct)では、ゴールデンタイムと深夜のエンターテイメント番組から選ばれたごく最近のエピソードを、無料で期間限定の視聴許可を与えたものをダウンロードできるようにしています。ダウンロードの視聴品質は帯域幅によって制限されませんし、帯域幅中断にも影響を受けません。NBC Directはユーザーに高品質でより良い視聴経験を提供することを目的とします。
これら新たな媒体へ配信できる機会を活用するために、NBCUは新しい視聴環境に向けて既存のコンテンツ資産を再利用するための効率的なデジタルメディアワークフローを作り出す必要に迫られました。NBCUがこのチャレンジに対して挑み始めた時に、まず今までとは全く異なる配信ポータルがもつ様々なフォーマットの必要条件(On2 VP6コーデックのAdobe FlashやH.264、Microsoft Windows Mediaを通したVC-1を含む)、色々な搬送メカニズムやラッピングの必要条件に直面しました。今まさに処理されなくてはならない大量のコンテンツがあり、視聴者を満足させるタイムリーなコンテンツを用意しなくてはならないため、全体的なワークフローのスループットを最大限引き出すことも非常に重要でした。加えて、ファイルベースのメディアソースでありながら、多くのメディア資源は未だにテープを使ってデジタルメディア制作工程に渡されたため、ワークフロー上に密接に統合したインジェストやエンコードコンポーネントが必要になりました。

これらの必要条件を満たすために、西海岸にいるRab Mukraj(Digital Media Deliveryディレクタ)と東海岸にいるNader Kazemi(マネージャ)が先導するNBCUのチームは、Digital Rapids社とディストリビューションソフトウェアベンダーを含め、全社を密接に束ねてマルチフォーマット・デジタルメディア制作ワークフローを開発し、「MICAH」と名付けました。
Digital Rapids社の「Streamシリーズエンコーダ」(インジェスト、エンコードシステム)と、エンタープライズレベルのファイルトランスコードソフトウェアシステムである「Stream Transcode Manager」は、メディアのエンコードおよびトランスコード工程で大いに力を発揮し、サードパーティのディストリビューションソフトウェアは内外のコンテンツパートナー両方へ効率的な運搬を処理しました。2008年頭(現在も拡張中)からNBCUは、コネチカット州スタンフォードのNBCSportsやフロリダ州HialeahのTelemundoと同様に、NBCUのカリフォルニアとニューヨークのオペレーションセンターに行き渡るよう、90以上のトランスコードエンジン(非常に重いトランスコードの計算処理を向上させるためのノード)と、それらを管理するStream Transcode Managerを6台配備させました。
映像ソースがデジタルメディアファイルよりむしろテープで到着することのほうが多いため、自動化ワークフローにインジェストと同時に複数種のフォーマットにエンコードするStreamシリーズエンコーダシステムを数十台導入しました。
Digital Rapids社の技術者とサポートチームは密接にNBCUと働き、NBCUのもつ特別な機能やワークフローへの必要条件を満たす能力に加え、MICAH(通常のStreamシリーズエンコーダおよびStream Transcode ManagerとDigital Rapids SDKを使ったNBCUのインハウスで開発されたもの)と、NBCUのオラクル・エンタープライズデータベースシステムとの統合作業をサポートしました。Digital Rapids社のソリューションには広範なカスタマイズとインテグレーションが可能で、Digital Rapidsの社員によるサポートと専門知識がこのプロジェクトの成功に大きく貢献したと言えます。
 
 
Digital Rapids Corporationについて
 - Digital Rapidsはビデオインジェスト、エンコーディング、メディア変換、保護、ストリーミング、および配信のためのプロフェッショナルなハードウェアおよびソフトウェアソリューションの開発におけるリーディング開発企業です。Digital Rapidsは個々のアプリケーションから事業規模、地球規模のワークフローまでを包括するソリューションを提供し、進化を続けるデジタルメディア市場において、顧客の生産性と彼らのコンテンツの価値を最大化することを助けます。
Digital Rapids製品は新旧のポストプロダクション、放送、公共機関、およびメディア配信企業にシームレスに統合され、メディアの生産量と品質を劇的に向上させ、トータルコストを削減します。
世界のビデオエンコーダおよびトランスコーダ市場における顧客価値を高めた功績から、Digital Rapids社は2008 Frost & Sullivan賞を受賞。
Digital Rapids Corporation(www.digital-rapids.com)はカナダオンタリオに本社を置き、カリフォルニア、英国、およびオーストラリアにセールスオフィスを持ちます。
 
各社の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
以上
 
■日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社とは?
日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社はデジタル映像の制作・配信・管理に関わる機器とソフトウェアの販売、及びソリューション提供を専門に行う会社です。
動画エンコードに関するプロフェッショナル企業として、エンコード関連機器や動画編集システム、合成及びVFX関連のソフトウェアなど、海外の最新機器やソフトウェアを日本に紹介・販売しています。
 
【本件に関するお問い合わせ】
 ■会社名 日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社
 ■担当者 木村(きむら)
 ■TEL 03-6746-0231
 ■FAX 03-6746-0232
 ■Email kuninaka@dpsj.co.jp