品質管理、柔軟なフォーマット対応、「トランスコードマネージャ」新バージョンを発表

品質管理、柔軟なフォーマット対応、「トランスコードマネージャ」新バージョンを発表 [ Digital Rapids ]
 
2009/04/06 カナダ、オンタリオ州、Markham
Digital Rapids社(所在:カナダ、オンタリオ州)は、映像・音声メディアのトランスコード(フォーマット変換)を分散処理させるソフトウェアソリューションである、Stream Transcode Manager(ストリーム トランスコード マネージャ)の新バージョンリリースを発表しました。Stream Transcode Managerのバージョン1.4はフォーマット対応が拡張され、サードパーティ製で定評ある品質管理・解析ツールと連携して出力されたファイルの検査までを自動化できるようになり、エンタープライズ製品としての能力をさらに高めました。
 
Stream Transcode Managerの特長
・作業の集中管理
・自動化
・障害検出と報告
・大容量に対応するインテリジェントなロードバランス調整
・マルチフォーマットに対応するトランスコードワークフローの構築
・生産性の向上と、オペレーションコストの抑制
Stream Transcode Managerは、複数のTranscode Engine(トランスコードエンジン)と共に動作し、最適なスループットが出るようにジョブが割り当てられるようになっています。小規模なものからエンタープライズレベルの大規模なトランスコード設備まで、Stream Transcode Managerはトランスコード専用アプリケーションとしても、インジェストからデリバリーまで完全に一貫したメディアワークフローの一部としてでも、どちらにも理想的なソリューションです。
 
Stream Transcode Manager 1.4で新たに追加または拡張された圧縮フォーマット、コンテナフォーマット
・Avid DNxHD®
・LXF(Harris社サーバー)
・GXF(GrassValley社サーバー)
・DVCPro
・Dolby® Digital Plus
・その他
導入コスト障壁を下げるために商品構成が見直されました。Transcode Engine Coreバンドル商品は基本的なフォーマット(VC-1、MPEG-2、QuickTime、AVIなど)が含まれます。Transcode Engine Studioバンドル商品は、DNxHD、MXF、GXF、LXF、Omneon、3GPP、enhanced H.264、Dolby Digital, Dolby Digital Plus、他にも高度なフォーマットがCoreバンドルに付加されます(日本国内における商品構成は海外と異なる場合がございますのでご注意ください)。またオプション商品として、コンテンツの監視・追跡を行うウォーターマークを付けるためのCivolution Teletraxがあります。
Stream Transcode Manager 1.4は、コンテンツの品質検査システムであるTektronix社の「Cerify®」やInterra Systems社の「Baton」と連携して自動品質管理が可能となりました。トランスコードされた出力ファイルは自動的にCerifyまたはBatonに送られ、ユーザー独自に設定した検査指標に則って、コンテンツの適合性や形式の遵守、品質の解析などの検査が行われます。検査結果に従って、Stream Transcode Managerは検査をパスしたコンテンツは次のワークフローへ渡し、パスしなかったコンテンツについては全解析結果へのリンクを付けてユーザーに警告を出します。
エンタープライズ環境への統合を強化すべく、Stream Transcode Manager 1.4はSimple Network Management Protocol(SNMP)に対応しました。あらゆるSNMP互換のネットワーク管理システムでエラー状態を確認でき、他のSNMP互換デバイスを連結されたエンタープライズシステムビューの一部として、Stream Transcode Managerをモニタリングすることが可能となります。ユーザー認証と認可が強化され、ローカルまたは業界標準であるLDAPサービスを介してユーザーアクセスを管理できるようになりました。Stream Transcode Managerのユーザーインターフェース内、またはカスタム開発用Stream Transcode ManagerのWeb Services APIを通した両方から、セキュリティの制限をかけることが可能になりました。遠隔操作によるトランスコードノードのアップグレードや、ファイアウォールとプロキシトラバーサルのためにポート管理の強化も追加されました。
 
Brian Stevenson(Digital Rapids プロダクトマネジメント・ディレクタ)
「エンタープライズなデジタルメディアワークフローにとって品質管理は重要なタスクですが、手作業でやるにしても時間がかかり主観的なものです。Stream Transcode ManagerがTektronix社とInterra社のツールと連携した品質管理の自動化に対応したことで、生産効率が向上し、コストが抑制され、確実で高品質な納品物を生産します。また、フォーマット対応やエンタープライズレベルのインテグレーションを強化したことで、Stream Transcode Managerが中心となるオペレーションの重要なポジションに置かれ、他を圧倒する効率的なワークフローを提供します。」
Stream Transcode Manager 1.4は条件によって2つの構成が用意されております。大規模スタジオ、設備、エンタープライズ向けの「Stream Transcode Manager FE」(FE:フルエディション)には、エンタープライズレベルのパフォーマンスと品質、信頼性を実現する機能やインテグレーションが備えられています。「Stream Transcode Manager LE」(LE:ライトエディション)は、コアの部分はFEと同じですが、エンタープライズレベルの機能を必要としない小規模スタジオやワークグループに最適なものとなっています。品質管理の自動化、SNMP、ユーザーアクセス管理はStream Transcode Manager FEに対応し、それ以外の新機能はFE、LE共に対応します。間もなく出される新しいフォーマットモジュールは、Stream Transcode Manager 1.4ですぐに利用可能です。
 
NAB Show 2009会場にお越しの際は、是非Digital Rapidsブース(SL6213、サウスホール下階)にお立ち寄りください。
現地ブースにはDPSJスタッフがおりますので、ご質問等ございましたらお気軽にお尋ねください。
 
Digital Rapids Corporationについて
 - Digital Rapidsはビデオインジェスト、エンコーディング、メディア変換、保護、ストリーミング、および配信のためのプロフェッショナルなハードウェアおよび ソフトウェアソリューションの開発におけるリーディング開発企業です。Digital Rapidsは個々のアプリケーションから事業規模、地球規模のワークフローまでを包括するソリューションを提供し、進化を続けるデジタルメディア市場に おいて、顧客の生産性と彼らのコンテンツの価値を最大化することを助けます。
Digital Rapids製品は新旧のポストプロダクション、放送、公共機関、およびメディア配信企業にシームレスに統合され、メディアの生産量と品質を劇的に向上させ、トータルコストを削減します。
世界のビデオエンコーダおよびトランスコーダ市場における顧客価値を高めた功績から、Digital Rapids社は2008 Frost & Sullivan賞を受賞。
Digital Rapids Corporation(www.digital-rapids.com)はカナダオンタリオに本社を置き、米国、英国、オーストラリア、アルゼンチンおよび香港にセールスオフィスを持ちます。
各社の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
以上
 
■日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社とは?
日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社はデジタル映像の制作・配信・管理に関わる機器とソフトウェアの販売、及びソリューション提供を専門に行う会社です。
動画エンコードに関するプロフェッショナル企業として、エンコード関連機器や動画編集システム、合成及びVFX関連のソフトウェアなど、海外の最新機器やソフトウェアを日本に紹介・販売しています。
 
【本件に関するお問い合わせ】
 ■会社名 日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社
 ■担当者 木村(きむら)
 ■TEL 03-6746-0231
 ■FAX 03-6746-0232
 ■Email kuninaka@dpsj.co.jp