Digital Rapids社、エンタープライズ向けトランスコード・エンコード管理ソリューションのアップグレードを発表

カナダ、オンタリオ州、Markham
Digital Rapids社(所在:カナダ、オンタリオ州)は、分散トランスコードソフトウェアStream Transcode Managerと複数台のエンコーダを管理するStream Broadcast Managerの新バージョンを発表しました。Stream Transcode Managerの新機能として自動化された“コマーシャル・ブランク”除去とクリップリストの機能拡張、Stream Broadcast Managerにはスケジュール機能の拡充、入力ルーターの機能拡張などが追加されました。
 
Stream Transcode Managerは、大量のマルチフォーマットトランスコードにおいて、素晴らしいパフォーマンスと品質、柔軟性、自動化を提供します。Stream Transcode Manager 1.5で新たに追加された、自動“コマーシャル・ブランク”除去機能は、コンテンツ素材に含まれる元々はテレビへの広告挿入に使われるはずであった空白の部分を自動的に検出しスキップするものです。VOD用のトランスコード出力、編集されたかのように継ぎ目のない結果が得られます。バージョン1.5にはそれ以外にも、オーディオマスキングや別々のクリップを繋げるクリップリスト機能の拡張、そして新しいユーザーインターフェースなどが含まれます。
 
Stream Transcode Manager 1.5は、最近アップデートされたStream ソフトウェアの最新バージョン3.3で搭載された機能も含みます。Apple iPadとiPhone向けABR(アダプティブ・ビットレート)配信に対応した出力や、JPEG2000ビデオ、Dolby Pulseオーディオへのフォーマット対応、Microsoft IIS Smooth Streamingファイルベースコンテンツの保護に使用されるMicrosoft PlayReadyテクノロジーへの対応、YouTube Content ID、Vobile VideoDNA fingerprint生成への対応なども含まれています。
 
Stream Broadcast Managerは、複数台のライブエンコーダを集中管理し、スケジューリングやモニタリング、障害耐性を提供します。Stream Broadcast Manager 1.5は、入力の自動管理をするサードパーティ製ビデオルーターへの対応を拡張しました。Stream Broadcast ManagerはEvertz社とNevion社、Harris社のルーターに対応し、コントロール可能です。Stream Broadcast Managerはビデオルーターをコントロールすることで、スケジュールされたエンコードに使用される予めセットされた入力ソースに切り替えたり、障害時にバックアップのエンコーダに必要な入力信号へ切り替えたりします。
 
ファイルへのインジェストの自動化が拡張され、Stream Broadcast Manager 1.5の新しいアセット生成能力によって、パッケージショットのような対応するリソースや追加メディア、カスタム可能なメタデータテンプレートを含むスケジュール化されたインジェストが可能になります。完全なアセットはMediaMeshコンテンツデリバリシステムのような他のDigital Rapidsソリューションによって、以降の処理のためにエキスポートされることができます。Stream Broadcast Manager 1.5は、スケジュール精度の拡充も含まれ、Stream Transcode Managerと同様に新インターフェースになり、最新のFluxハードウェアへの対応が含まれています。
 
Darren Gallipeau(Digital Rapids プロダクトマネージャ)
「Stream Transcode Managerに搭載される“コマーシャル・ブランク”除去機能は、収益をもたらす機会に対して素早くコンテンツを再利用するために、必要とされた手作業にかかる莫大なコストを抑えることができると思います。加えて、最近の3.3アップグレードの機能を含み、Stream Transcode Manager 1.5は最も許容力あるエンタープライズ向けソリューションとしての補強がなされました。一方Stream Broadcast Manager 1.5は、ライブエンコードとファイルへのインジェスト両方に対する洗練された自動化の能力がより強化されました。」
 
Digital Rapids Corporationについて
 - Digital Rapidsはビデオインジェスト、エンコーディング、メディア変換、保護、ストリーミング、および配信のためのプロフェッショナルなハードウェアおよびソフトウェアソリューションの開発におけるリーディング開発企業です。Digital Rapidsは個々のアプリケーションから事業規模、地球規模のワークフローまでを包括するソリューションを提供し、進化を続けるデジタルメディア市場において、顧客の生産性と彼らのコンテンツの価値を最大化することを助けます。
Digital Rapids製品は新旧のポストプロダクション、放送、公共機関、およびメディア配信企業にシームレスに統合され、メディアの生産量と品質を劇的に向上させ、トータルコストを削減します。
世界のビデオエンコーダおよびトランスコーダ市場における顧客価値を高めた功績から、Digital Rapids社は2008 Frost & Sullivan賞を受賞。
Digital Rapids Corporation(www.digital-rapids.com)はカナダオンタリオに本社を置き、カリフォルニア、英国、およびオーストラリアにセールスオフィスを持ちます。
 
各社の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
以上
 
■日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社とは?
日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社はデジタル映像の制作・配信・管理に関わる機器とソフトウェアの販売、及びソリューション提供を専門に行う会社です。
動画エンコードに関するプロフェッショナル企業として、エンコード関連機器や動画編集システム、合成及びVFX関連のソフトウェアなど、海外の最新機器やソフトウェアを日本に紹介・販売しています。
 
【本件に関するお問い合わせ】
 ■会社名 日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社
 ■担当者 木村(きむら)
 ■TEL 03-6746-0231
 ■FAX 03-6746-0232
 ■Email kuninaka@dpsj.co.jp