Digital Rapids社、Stream ソフトウェアの次期バージョン3.4の情報を公開(@IBC 2010)

IBC 2010、アムステルダム(オランダ)、Digital Rapids社:ブース7.G41
Digital Rapids社は、同社のStream シリーズ・エンコーダ製品に搭載されるStream ソフトウェア(現バージョン現バージョン3.3)の新バージョン情報を公開しました。Stream 3.4ではJPEG2000やH.264、MPEG-2エンコーディングの強化、FluxボードにおけるAC3(Dolby® Digital)オーディオのパススルーやソース信号の正確性の向上、3Dコンテンツ対応向けSEIメッセージ挿入、Apple® iPad™/ iPhone®向けエンコード機能の更なる強化が含まれます。
 
Stream 3.4はJPEG2000圧縮フォーマットのエンコードおよびデコードに対する重要な強化が施されます。YUVカラースペースのJPEG2000フォーマットに対応すべく、JPEG2000素材をルミナンスとクロミナンスに分割してデコードし、サードパーティ製のJPEG2000ソリューションとの互換性や柔軟性が向上します。Digital Rapids社の誇るMPEG-2およびH.264のエンコード品質、パフォーマンス、追求できる技術的な設定能力などの強化も含まれます。
 
Digital Rapids社の新たなハードウェア「Flux」をベースとしたエンコード/ストリーミングソリューションをご使用の方は、デジタルまたはアナログの不規則性や混乱が生じた入力信号の取扱に関する強化が施されます。入力されるSDI信号は、エンコードまたはストリーミングのプロセスを中断させることなくHDとSDのソース間で切り替えられるようにもします。Fluxボードをベースとしたシステムはバージョン3.4でAC3(Dolby® Digital)オーディオのパススルーも得られ、AC3圧縮されたオーディオ入力を、再圧縮なく新たにエンコードされたビデオに多重化させることが可能となります。
 
Stream 3.4はDigital Rapids Studio AVC Encoder(別売オプションモジュール)を拡張させ、Frame Packing Arrangement SEIメッセージを3Dコンテンツ対応のH.264エンコード中に挿入することができるようになります。3D送出は、既存のテレビインフラとサービスとの互換性を持たせるため、アナモフィックまたはコンテンツを左目と右目に分けた表現になります。IBC 2010 Digital Rapids社ブース(7.G41)に訪れて頂ければ、Stream ソフトウェアの次バージョンで可能となるMultiview Video Coding(MVC)のプレビューを御覧いただけます。MVCはBlu-rayの3Dコンテンツで使用される、H.264ビデオ圧縮仕様の拡張であり、3D視聴向けに両目ともフル解像度でエンコード可能になります。
 
バージョン3.4におけるその他の新機能としては、Apple® iPad™/ iPhone®向けのABR(アダプティブ・ビットレート)エンコードの強化やマイナーな機能追加、改良が含まれます。
 
Darren Gallipeau(Digital Rapids プロダクトマネージャ)
「バージョン3.4はStream ソフトウェアの今年で3度目の重要なアップグレードで、パワフルな新機能追加とワークフローの改良の両方が含まれています。Stream 3.4におけるエンコード能力と入力信号のハンドリングへの強化と拡張によって、我々の推すマルチフォーマットエンコード品質や柔軟性、効率、信頼性を更に向上させるでしょう。」
 
Stream ソフトウェアには2種類のグレードが有ります。ベーシックな機能を持つStream LEと、ワークフローの自動化やインテグレーション、フォーマット対応など高度な機能を持つStream FEです。ソフトウェアの機能比較表は、DPSJ Webサイトの「購入前の疑問を解決|技術情報」(https://www.dpsj.co.jp/faqs/tech/index.html)に用意され 次第掲載されます。バージョン3.4のアップデートは、今年の第4半期にダウンロード可能となる予定で、現在バージョン3.0以上且つソフトウェアメンテナンス有効期間内の方がアップグレード対象となります。バージョン3.0未満の方は有償アップグレードを購入いただく必要があります。
 
Digital Rapids Corporationについて
 - Digital Rapidsはビデオインジェスト、エンコーディング、メディア変換、保護、ストリーミング、および配信のためのプロフェッショナルなハードウェアおよびソフトウェアソリューションの開発におけるリーディング開発企業です。Digital Rapidsは個々のアプリケーションから事業規模、地球規模のワークフローまでを包括するソリューションを提供し、進化を続けるデジタルメディア市場において、顧客の生産性と彼らのコンテンツの価値を最大化することを助けます。
Digital Rapids製品は新旧のポストプロダクション、放送、公共機関、およびメディア配信企業にシームレスに統合され、メディアの生産量と品質を劇的に向上させ、トータルコストを削減します。
世界のビデオエンコーダおよびトランスコーダ市場における顧客価値を高めた功績から、Digital Rapids社は2008 Frost & Sullivan賞を受賞。
Digital Rapids Corporation(www.digital-rapids.com)はカナダオンタリオに本社を置き、カリフォルニア、英国、およびオーストラリアにセールスオフィスを持ちます。
 
各社の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
以上
 
■日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社とは?
日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社はデジタル映像の制作・配信・管理に関わる機器とソフトウェアの販売、及びソリューション提供を専門に行う会社です。
動画エンコードに関するプロフェッショナル企業として、エンコード関連機器や動画編集システム、合成及びVFX関連のソフトウェアなど、海外の最新機器やソフトウェアを日本に紹介・販売しています。
 
【本件に関するお問い合わせ】
 ■会社名 日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社
 ■担当者 木村(きむら)
 ■TEL 03-6746-0231
 ■FAX 03-6746-0232
 ■Email kuninaka@dpsj.co.jp