Digital Rapids 社、革新的マルチスクリーン・エンコーダ「StreamZ Live 4000EX」を出荷開始(@IBC 2013)

プレミアムなライブや番組配信を実現するパワフルな新エンコーダ製品の出荷開始が、IBC 2013 にて発表されました

 

IBC 2013、アムステルダム(オランダ)、Digital Rapids社:ブース7.F33

Digital Rapids社は、革新的なライブとマルチスクリーンを実現する新製品、「StreamZ Live 4000EX」(ストリームZ ライブ 4000EX)エンコーダの出荷開始を発表しました。Digital Rapids社の実績ある StreamZ Live シリーズの最新世代の製品であり、この度の IBC 2013 展示会にてデビューします。

StreamZ Live 4000EX は、非常に高い品質でありながらマルチフォーマットに対応する柔軟性を持ち、冗長性を備えた StreamZ Live シリーズの信頼性を提供します。さらに、OTT サービスや IPTV といったハイレベルなストリーミングに向けた、プレミアムなライブと番組配信のマルチスクリーン向けエンコードを実現するため、パフォーマンスの向上とコントロール性能の拡張がなされています。

StreamZ Live 4000EX は ABR (アダプティブ・ビットレート)フォーマットにも対応し、様々なデバイスやプラットホームの視聴者へ届けることが可能です。優れた処理効率によって、複数のフォーマットへ同時にエンコードすることを可能とします。それぞれの出力を個別に管理できる優れたコントールを提供します。並列に処理されている出力を邪魔することなく、任意の出力プロファイルを開始、停止、追加、削除することが可能です。

柔軟性を持ち将来性を損なわないようにデザインされ、Kayak プラットホーム上で動作する強力なソフトウェア・アーキテクチャの基に設計されました。新機能や新フォーマット、新テクノロジーの容易なアップグレードが可能です。一方で新ハードウェアは、複数のネットワーク・インターフェースと冗長化可能な入出力、そして電源の冗長化も施され、不測の事態への対応が強化されています。管理ソフトウェアである Digital Rapids Broadcast Manager によって複数の StreamZ Live エンコーダをまとめて管理でき、複数チャンネルのオートメーション化やスケジュール化、監視、フェールオーバーを実現します。

StreamZ Live 4000EX は、新たにリリースされる 3 モデルあるうちのひとつです。StreamZ Live 8000EX は 1U 筐体でありながら、キーとなる放送局を含め、複数のプラットホームへ向けたストリーミング配信を同時にエンコードするケーブル局、衛生放送局(H.264 / MPEG-2)、またマルチスクリーン向けストリーミングに ABR (アダプティブ・ビットレート)エンコードまでを提供します。 StreamZ Live 6000EX は 8000EX と同様の、放送局やケーブル局、衛星放送局で活用いただけるプレミアム品質のエンコードを提供します。

 

Tony Huang (Digital Rapids 社、ブロードキャスト & ライブ、シニアプロダクトマネージャ):

「様々なデバイスを通してライブや番組を視聴する習慣は、もはや当たり前のものとなりました。そして、これらの視聴経験に対する品質や信頼性への要求は以前よりも高くなっています。StreamZ Live 4000EX は視聴者の予想を上回るように、市場のトレンドや進化するテクノロジーへ簡単に適応できる柔軟なプラットホームを、コンテンツオーナーやサービスプロバイダーに提供します。」

 

イベント情報

アムステルダムにて開催の「IBC 2013」会場にお越しの際は、是非 Digital Rapids ブース(7.F33)にお立ち寄りください。以下のロゴが目印です。

会期中は DPSJ スタッフ(青木)が最終日を除いて現地に滞在しております。日本語による製品説明などご希望がございましたら、E メール: aokik@dpsj.co.jp または、電話: +81-50-3738-8619 まで、ご希望の日時をご連絡ください。

■ Digital Rapids Corporation について

 - Digital Rapids はビデオインジェスト、エンコーディング、メディア変換、保護、ストリーミング、および配信のためのプロフェッショナルなハードウェアおよびソフトウェアソリューションの開発におけるリーディング開発企業です。Digital Rapids は個々のアプリケーションから事業規模、地球規模のワークフローまでを包括するソリューションを提供し、進化を続けるデジタルメディア市場において、顧客の生産性と彼らのコンテンツの価値を最大化することを助けます。

Digital Rapids 製品は新旧のポストプロダクション、放送、公共機関、およびメディア配信企業にシームレスに統合され、メディアの生産量と品質を劇的に向上させ、トータルコストを削減します。

世界のビデオエンコーダおよびトランスコーダ市場における顧客価値を高めた功績から、Digital Rapids 社は2008 Frost & Sullivan 賞を受賞。

Digital Rapids Corporation (www.digital-rapids.com)はカナダオンタリオに本社を置き、カリフォルニア、英国、およびオーストラリアにセールスオフィスを持ちます。

 

各社の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

以上

 

■ 日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社とは?

日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社はデジタル映像の制作・配信・管理に関わる機器とソフトウェアの販売、及びソリューション提供を専門に行う会社です。

動画エンコードに関するプロフェッショナル企業として、エンコード関連機器や動画編集システム、合成及びVFX 関連のソフトウェアなど、海外の最新機器やソフトウェアを日本に紹介・販売しています。

【本件に関するお問い合わせ】
  • 会社名: 日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社
  • 担当者: 木村(きむら)
  • TEL: 03-6746-0231
  • FAX: 03-6746-0232
  • Email: kuninaka@dpsj.co.jp