HEVC over HLS プレビュー、API 拡張、Wowza Streaming Engine バージョン 4.3 リリース!

日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社(本社: 東京都中野区 取締役社長: 青木 公平 略称: DPSJ)は、マルチスクリーン向けたビデオストリーミング配信に欠かせない業界標準サーバー「Wowza Streaming Engine」の新バージョン 4.3 がリリースされたことを発表しました。新バージョン 4.3 では、最先端ビデオフォーマットである HEVC / H.265 対応のプレビュー版を公開し、また、サーバーの設定や管理、監視に役立つ API 機能の拡充が図られております。

Wowza Streaming Engine v4.3 の主な特長

HEVC / H.265 over Apple HLS

プレビュー版(パブリックベータ版)

将来的に正式なリリースが見込まれる機能を先行してプレビュー公開するものとして、Wowza Streaming Engine 4.3 ソフトウェアには HEVC / H.265 over Apple HLS のプレイバック対応を加えました。ライブビデオストリームから、HEVC over Apple HLS を再生できるデバイスに適した HEVC / H.265 コンテンツへトランスコード出力する Wowza Transcoder にあるテンプレートを設定することが可能です。より詳細な情報は、How to stream using HEVC / H.265 transcoding (HEVC / H.265 トランスコードを使ったストリーミング方法)を参照ください。

Wowza Streaming Engine REST API 1.0

Wowza Streaming Engine 4.3 ソフトウェアは Wowza Streaming Engine REST API への完全なアクセスが可能になります。HTTP 要求を介した設定や管理、メディアサーバーの監視に REST API を使用いただけます。Wowza Streaming Engine ソフトウェアの管理用 Wowza REST サービスのクエリ方法を紹介している cURL 例を是非確認ください。

ライブ to VOD クリップ取り出し用 API

Wowza Streaming Engine 4.3 ソフトウェアは、指定された開始時間と尺をベースにクリップを取り出せるようにする新たな API が搭載されました。シングルビットレートの DVR ストリーム、もしくは Wowza nDVR に保管される ABR (アダプティブ・ビットレート)ストリーミンググループの DVR ストリームの両方から取り出せます。Java ベース API の使い方は  Wowza Streaming Engine サーバーサイド API (PDF)ドキュメントを参照ください。REST API の使い方は cURL 例を参照ください。

 

Wowza Media Systems 社について

Wowza Media Systems, LLC – Wowza Media Systems 社(ワウザ・メディア・システムズ 所在: アメリカ)は、現存するストリーミング配信で困難となる複雑な構成をシンプルにできるストリーミングサーバーを開発しています。コーデックとプロトコル、DRM を一元化できるソリューションです。

 

日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社とは?

日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社はデジタル映像の制作・配信・管理に関わる機器とソフトウェアの販売、及びソリューション提供を専門に行う会社です。

動画エンコードに関するプロフェッショナル企業として、エンコード関連機器や動画編集システム、合成及び VFX 関連のソフトウェアなど、海外の最新機器やソフトウェアを日本に紹介・販売しています。

 

【本件に関するお問い合わせ先】
  • 企業名: 日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社
  • 担当者名: 木村国中
  • TEL: 03-6746-0231
  • Email: kuninaka@dpsj.co.jp