Magewell

OBS Studio 活用ガイド

Ultra Encode と Pro Convert デバイスを使って、OBS Studio と SRT ストリームによるリモートプロダクションを構築する

SRT(Secure Reliable Transport)プロトコルは、公衆インターネットのような不安定なネットワーク上でも、複数の拠点間で高品質な映像を安全、確実、かつ低遅延で配信することを可能にします。SRT ストリームを Magewell Ultra Encode ユニバーサル・ライブメディアエンコーダから Magewell Pro Convert デコーダに直接送信することが可能です。しかし、オリジナルの映像ソースに画像を追加したり、SRT ベースのソースを他のライブまたは録画済みコンテンツとミックスしたりするなど、デコーダに送信する前に編集・加工を行いたい場合があります。

ここでは、Ultra EncodePro Convert デバイス、OBS Studio を使用して、リモートプロダクションを実現する SRT ワークフローについて説明します。Ultra Encode から OBS Studio へ SRT ストリームを送信する方法と、OBS Studio から Pro Convert デコーダへ SRT ストリームを送信する方法を解説します。

[ 関連資料 ]

SRT についてより詳しく解説しています。

使用デバイス(例):

  • エンコーダ: Ultra Encode HDMI(Magewell)
  • デコーダ: Pro Convert for NDI® to HDMI(Magewell)
  • 映像ソース: PTZ カメラ(エンコーダに入力)
  • ノート PC: OBS Studio(v25.x.x 以上)をインストール
  • その他: ディスプレイ、HDMI ケーブル、LAN ケーブルなど

ワークフロー概略図

デバイスの接続は以下を参考にしてください。

① Magewell Ultra Encode から OBS へ SRT ストリームを送信

1. SRT のワークフローでは、SRT ストリーミングの接続を構成するために、セッションの申し入れを送る SRT コーラー(SRT Caller)と、SRT コーラーからのリクエストを待つ SRT リスナー(SRT Listener)を用意する必要があります。OBS Studio は SRT コーラーにしかなれないため、この例ではエンコーダ(Ultra Encode HDMI)を SRT リスナーとして設定します。

2. Ultra Encode デバイスの Web GUI にログインして、左のメニューから「Streaming Server」をクリックし「Add Server」をクリックします。「SRT Listener」を選択します。

3. 表示された画面のポート番号を入力し(この例では 8000)、「保存」をクリックします。右下に SRT リスナー用のアドレスが表示されます(この例では srt:/10.10.3.148:8000)。SRT コーラーによって接続が開始されると、エンコーダがストリーミングを開始します。

4. OBS Studio の「Sources(ソース)」欄にある「+」をクリックし、ポップアップリストから「メディアソース」を選択します。

5. 表示された「Create/Select Source(ソースの作成 / 選択)」パネルで、「Create New(新規作成)」を選択したままにしておきます。新しいソースに名前(下の例では "Magewell SRT")を付けて、「OK」をクリックします。

6. 表示された「Properties(プロパティ)」ページで、「Local File(ローカルファイル)」のチェックボックスをオフにして、「Input(入力)」フィールドに SRT リスナーの URL を srt://<エンコーダの IP アドレス> : < SRT リスニングポート> の形式で記入します(この例では、srt://10.3.148:8000 と記入します)。「OK」をクリックして SRT セッションを開始し、エンコーダから送信された SRT ストリームのデコードを開始します。

7. これで Ultra Encode デバイスからの SRT ストリームを OBS Studio の入力ソースとして、プロダクションエフェクトを適用することができる準備が整いました。

② OBS Studio からの SRT ストリームを Magewell デコーダで受信

1. OBS Studio から SRT ストリームをデコーダへ送信するために、OBS Studio を SRT コーラーに、デコーダを SRT リスナーに設定します。

2. Pro Convert デコーダ(この例では Pro Convert for NDI® to HDMI)の Web GUI にログインします。「Source(ソース)」タブに開きます。「SOURCE PRESETS」セクションで、「Add(追加)」をクリックしてから「MPEG-TS over SRT」を選択します。

3. 表示されたページの「Mode(モード)」で「Listener(リスナー)」を選択します。「Port(ポート)」に使用するポート番号(この例では 10000)を入力し「OK」をクリックします。

4. 先ほど追加した設定が「SOURCE PRESETS」のリストに表示されるようになります。「Select(選択)」をクリックすると、デコーダが OBS Studio が SRT ストリーミングのセッションを開始するのを待ち始めます。

5. OBS Studio のインターフェースで「Settings(設定)」をクリックします。

 

6. 表示された設定ページで「Stream(ストリーム)」タブを選択し、「Server(サーバー)」欄に SRT  ストリーミング URL を srt://<デコーダの IP アドレス> : < SRT リスニングポート > の形式で入力します(例: srt://10.10.12.195:10000)。その後「OK」をクリックします。

7. 「Start Streaming(ストリーミング開始)」をクリックすると、OBS Studio から SRT ストリームの送信が開始されます。

このようにして、OBS Studio で映像の編集や加工処理を経由してからデコーダに送る SRT ストリーミングのワークフローを構築できます。

Pro Convert デバイスと OBS Studio で NDI を利用する

NDI®(Network Device Interface)は、IP ベースのメディアワークフローで使用されている最も一般的な規格の 1 つです。NDI は、既存の IP ネットワーク上で低遅延の映像伝送を可能にし、映像と音声、データに柔軟にアクセスできる IP ベースの制作環境を実現します。

NDI のエコシステムには、ソフトウェア(OBS Studio や vMix、Magewell Bridge for NDI® など)と、従来のビデオ設備と NDI のネットワークとを橋渡しするのに役立つハードウェアデバイスの両方が含まれます。ここでは、Magewell Pro Convert デバイスを OBS Studio と組み合わせて使用する方法を解説します。

[ 関連資料 ]

NDI についてより詳しく解説しています。

使用デバイス(例):

  • Magewell Pro Convert エンコーダ: Pro Convert HDMI TX
  • Magewell Pro Convert デコーダ: Pro Convert for NDI® to HDMI
  • 映像ソース: PTZ カメラ(Pro Convert エンコーダに入力)
  • ノート PC: OBS Studio(v25.x.x 以上)をインストール
  • その他: ディスプレイ、HDMI ケーブル、LAN ケーブルなど

ワークフロー概略図

デバイスの接続は以下を参考にしてください。

OBS Studio で NDI を使用するには、OBS-NDI プラグイン(作者: Palakis)をインストールする必要があります。各 OS(Windows、MacOS、Linux)用の OBS-NDI プラグインは、https://github.com/Palakis/obs-ndi/releases からダウンロードできます。

Windows および Mac のシステムでは、公式 NDI ランタイムライブラリの最新版もインストールしておく必要がある場合もあります。これらのライブラリの入手とインストールの方法は、OBS-NDI プラグインのダウンロードページで説明されています。

OBS-NDI プラグインと必要なライブラリのインストールが完了したら、OBS Studio ソフトウェアを起動して次の手順にお進みください。

① Magewell エンコーダから NDI ストリームを OBS Studio に送信

1. OBS Studio で、「Sources(ソース)」欄の「+」をクリックし、ポップアップリストから「NDI Source(NDI ソース)」を選択します。

2. 表示される「Create/Select Source(ソースの作成 / 選択)」ページで、「Create New(新規作成)」を選択します。新しいソースに名前(この例では「Magewell NDI」)を付けて、「OK」をクリックします。

3. 表示された「Properties(プロパティ)」ページで、「Source name(ソース名)」の右側にあるドロップダウンの矢印をクリックします。ネットワーク上で現在利用可能なすべての NDI ストリームが表示されます。Pro Convert エンコーダから送信された NDI ストリームを選択して「OK」 をクリックします。これで、NDI ストリームを OBS ソースとして使用できるようになりました。

② OBS Studio からの NDI ストリームを Magewell デコーダで受信

1. OBS Studio の上部メニューバーから「Tools(ツール)」をクリックし、ドロップダウンメニューから「NDI Output settings(NDI 出力設定)」を選択します。

2. 表示された「NDI Output Settings(NDI 出力設定)」パネルで、「Main Output(メイン出力)」と「Preview Output(プレビュー出力)」のチェックボックスをオンにします。また、必要に応じてデフォルトの NDI ストリーム名(「OBS」および「OBS Preview」)を編集することができます。終了したら「OK」をクリックします。

3. Pro Convert デコーダの Web GUI にログインし、「Source(ソース)」タブを開きます。「NDI SOURCES(NDI ソース)」セクションには、ネットワーク上で現在利用できるすべての NDI ストリームが表示されています。OBS Studio から受信したい NDI ストリーム(メインまたはプレビュー出力)を選択すると、デコーダに接続されたモニターにデコードされた NDI ストリームが表示されます。

このようにして、OBS Studio を経由してからデコーダに送る NDI ストリーミングのワークフローを構築できます。

 

* NDI® は Vizrt Group のブランドです

 

Magewell のキャプチャデバイスで OBS Studio にモバイルゲーム画面をキャプチャする

今や誰もがスマートフォンを持っている世の中にあって、お年寄りから小さな子供まで誰でもダウンロードすれば、すぐにゲームを始めることができます。ライブ配信が盛んな現在、スマートフォンを使ったモバイルゲームプレイをライブ配信したいユーザーが増えています。しかし、スマートフォンで直接ライブ配信を行ってしまうと、ゲームとライブ配信を同時に行う必要があるために、ゲーム画面やライブ配信がフリーズしてしまい、ユーザーのゲーム体験や視聴を妨げとなってしまうことがよくあります。

別の PC 上で動作するストリーミングソフトウェアにゲームの映像を取り込むことで、ゲームの邪魔をすることなく、安定したライブストリーミングをするのが良い対策となります。ここでは、Magewell のビデオキャプチャデバイスを使って、モバイルゲームの映像を OBS Studio に取り込み、ストリーミング配信する方法を解説します。

使用デバイス(例):

  • PC(ノート / デスクトップ): OBS Studio をインストール
  • スマートフォン: Apple iPhone XR
  • Magewell キャプチャデバイス: USB ドングル: USB Capture Family、PCIe ボード:Pro Capture Family
  • その他: USB 3.0 ケーブル(Magewell 専用)、HDMI ケーブル、スマートフォン用 HDMI 出力アダプター

手順

ノート PC + USB キャプチャデバイスの場合

ノートパソコンを使用し、入力信号を 1 系統だけキャプチャする場合であれば、外付けのビデオキャプチャドングル Magewell USB Capture Family または USB Capture Plus Family を使用して、ビデオ信号を OBS Studio に取り込むのがおすすめです。図のようにスマートフォンと USB キャプチャデバイスを、HDMI ケーブルをアダプター経由で接続し、キャプチャデバイスとノートパソコンを USB ケーブルで接続するだけです。ノートパソコンにドライバーのインストールは必要ありません。

デスクトップ PC + PCIe キャプチャデバイスの場合

デスクトップパソコンをご使用の場合は、Pro Capture Family のキャプチャカードがおすすめです。まずキャプチャーカードをデスクトップ PC の PCIe スロットに挿入し、対応するドライバー(Magewell ウェブサイトから入手)をインストールします。その後、HDMI アダプターと HDMI ケーブルを使って、図のようにスマートフォンとキャプチャカードとを接続します。

① Magewell エンコーダから NDI ストリームを OBS Studio に送信

1. OBS Studio を開いてログインしたら、「Sources(ソース)」欄の「+」マークをクリックし、ポップアップリストの「Video Capture Device(ビデオキャプチャデバイス)」を選択します。

2. 表示された「Create/Select Source(ソースの作成 / 選択)」ページで、「Create New(新規作成)」を選択します。新しいソースに名前(この例では 「game」)を付けて、「OK」をクリックします。

3. 「Properties(プロパティ)」ページで、「Device(デバイス)」の右側にあるドロップダウンの矢印をクリックし、Magewell のキャプチャデバイス(この例では USB Capture HDMI)を選択し、「OK」をクリックします。これで、モバイルゲームの映像を入力ソースとして使用できるようになりました。

5. OBS Studio でストリーミング URL を指定し、モバイルゲームのライブ配信を開始しましょう。

 

OBS Studio 以外にも、Magewell のキャプチャーデバイスは、多くの一般的なライブストリーミングソフトウェアと互換性があります。また、複数の OS をサポートし、従来からの機器にも対応できる幅広い入力信号の種類を扱えます。さらに Magewell のビデオキャプチャ製品は、オンボードの FPGA でスケーリング、フリップ、色空間変換、色調整といった高品質のビデオ処理を行うため、信頼性とコスト効果の高いキャプチャを実現しながら CPU リソースをまったく消費しないという利点もあります。

1. OBS Studio の上部メニューバーから「Tools(ツール)」をクリックし、ドロップダウンメニューから「NDI Output settings(NDI 出力設定)」を選択します。

2. 表示された「NDI Output Settings(NDI 出力設定)」パネルで、「Main Output(メイン出力)」と「Preview Output(プレビュー出力)」のチェックボックスをオンにします。また、必要に応じてデフォルトの NDI ストリーム名(「OBS」および「OBS Preview」)を編集することができます。終了したら「OK」をクリックします。

3. Pro Convert デコーダの Web GUI にログインし、「Source(ソース)」タブを開きます。「NDI SOURCES(NDI ソース)」セクションには、ネットワーク上で現在利用できるすべての NDI ストリームが表示されています。OBS Studio から受信したい NDI ストリーム(メインまたはプレビュー出力)を選択すると、デコーダに接続されたモニターにデコードされた NDI ストリームが表示されます。

このようにして、OBS Studio を経由してからデコーダに送る NDI ストリーミングのワークフローを構築できます。

 

* NDI® は Vizrt Group のブランドです

 

お問い合せ

    * のある項目は必ずご記入ください。